プリ小説

第5話

5
山田涼介
山田涼介
今日は・・・寝かせねぇから・・・・・・クスッ
菊池あなた
菊池あなた
いや、寝る
山田涼介
山田涼介
無理・・・チュゥ
菊池あなた
菊池あなた
ン・・・ンン
山田涼介
山田涼介
チュゥ・・・レロ・・・チュッ
菊池あなた
菊池あなた
ンン・・・ン・・・ハァ
山田涼介
山田涼介
これでも・・・・・・寝る?
菊池あなた
菊池あなた
溜まってんの?
山田涼介
山田涼介
溜まってる(笑)
菊池あなた
菊池あなた
でも今日は・・・・・・
山田涼介
山田涼介
あのお客と・・・・・・なんかあった?
菊池あなた
菊池あなた
えっ?
山田涼介
山田涼介
ほら、携帯の
菊池あなた
菊池あなた
・・・・・・・・・
山田涼介
山田涼介
黙り?
菊池あなた
菊池あなた
十夜に・・・・・・そっくりなの
山田涼介
山田涼介
十夜?誰それ
菊池あなた
菊池あなた
私の元カレ
山田涼介
山田涼介
なに、まだ未練あるんだ・・・・・・
菊池あなた
菊池あなた
十夜は・・・・・・私の目の前で・・・・・・死んだ
山田涼介
山田涼介
はぁ?・・・・・・冗談?
菊池あなた
菊池あなた
(首を振る)本当の話
山田涼介
山田涼介
・・・・・・マジかよ
菊池あなた
菊池あなた
デートの帰り、横断歩道で・・・・・・笑って手を振ったのに・・・・・・信号無視のトラックに跳ねられて・・・・・・私の・・・視界から・・・消えたの
山田涼介
山田涼介
・・・・・・・・・
菊池あなた
菊池あなた
事故の後・・・・・・暫くしてから学校で虐められて・・・・・・親友だった子に裏切られた・・・・・・
山田涼介
山田涼介
あなた・・・・・・もういいよ
菊池あなた
菊池あなた
体の痣はその子がつけたの・・・・・・十夜は・・・・・・その子と私・・・・・・二股かけてた・・・・・・
山田涼介
山田涼介
はぁ?・・・・・・最低
菊池あなた
菊池あなた
十夜が死んだのは・・・・・・私のせいだって・・・・・・私と付き合ってるから・・・・・・あの日・・・・・・デートなんかしなければ・・・・・・
山田涼介
山田涼介
あなたのせいじゃない(ギュッ)
菊池あなた
菊池あなた
誰も信じられなくなったの
山田涼介
山田涼介
俺の事も?
菊池あなた
菊池あなた
涼介は・・・・・・違う
山田涼介
山田涼介
良かった
菊池あなた
菊池あなた
色々ありすぎて・・・今日は無理・・・・・・ごめん
山田涼介
山田涼介
分かったよ・・・・・・でも
菊池あなた
菊池あなた
なに?
山田涼介
山田涼介
一緒に寝るのはいい?
菊池あなた
菊池あなた
何もしない?
山田涼介
山田涼介
うん
菊池あなた
菊池あなた
ほんとに?
山田涼介
山田涼介
キスはするかも(笑)
菊池あなた
菊池あなた
じゃぁ別々(笑)
山田涼介
山田涼介
キスもダメ?
菊池あなた
菊池あなた
ダメじゃない・・・チュゥ
山田涼介
山田涼介
ンン・・・/////(笑)
菊池あなた
菊池あなた
疲れたから寝よ?
山田涼介
山田涼介
そうしよっか
菊池あなた
菊池あなた
ぅん


涼介の布団に入り、一緒に朝を迎えた
朝、目が覚めたら雨が降っていた

菊池あなた
菊池あなた
雨か・・・・・・
山田涼介
山田涼介
どこにも行けないな
菊池あなた
菊池あなた
ん〜、どうする?
山田涼介
山田涼介
映画でも行く?
菊池あなた
菊池あなた
えー、雨なのに・・・・・・
山田涼介
山田涼介
じゃ、家でまったりする?
菊池あなた
菊池あなた
うん・・・DVDでも見る?
山田涼介
山田涼介
借りに行こっか
菊池あなた
菊池あなた
で、お菓子買って帰る!
山田涼介
山田涼介
笑笑  そうしよ


2人でレンタル屋に行き、見たいDVDを借りに行き、コンビニで買い物・・・・・・何気ないことかもしれないけど、なんだか幸せだった・・・・・・

菊池あなた
菊池あなた
ねぇ、このお菓子食べたことある?
山田涼介
山田涼介
えっ?ないかもー
菊池あなた
菊池あなた
じゃ、食べてみよー
山田涼介
山田涼介
(笑)
菊池あなた
菊池あなた
なに?
山田涼介
山田涼介
いや、なんか楽しそうだから
菊池あなた
菊池あなた
楽しいよ(笑)
平野紫耀
平野紫耀
あれ?あなたさん?
菊池あなた
菊池あなた
ッ!!
平野紫耀
平野紫耀
こんにちは
菊池あなた
菊池あなた
・・・・・・・・・
平野紫耀
平野紫耀
デート?
菊池あなた
菊池あなた
まぁ・・・・・・
平野紫耀
平野紫耀
今度さ、俺とデートしてよ
菊池あなた
菊池あなた
はぁ?なんで
平野紫耀
平野紫耀
あなたさんのこと知りたいから?
菊池あなた
菊池あなた
お断りします
平野紫耀
平野紫耀
えー!なんでよ
菊池あなた
菊池あなた
しつこい・・・・・・
山田涼介
山田涼介
あの、俺の女なんだけど・・・・・・
平野紫耀
平野紫耀
怖い顔しないでよ
山田涼介
山田涼介
嫌がってるのに、しつこくね?
平野紫耀
平野紫耀
そりゃ、諦めきれないからに決まってるやん
山田涼介
山田涼介
あんた、あなたの名前うちのバイトに聞いたって客だよな?
菊池あなた
菊池あなた
涼介・・・行こ
平野紫耀
平野紫耀
ん?あー、あのお店の人?
山田涼介
山田涼介
だったらなに?
菊池あなた
菊池あなた
もういいから・・・行こ
涼介の手を引っ張り、レジに向かう

山田涼介
山田涼介
あなた、はっきりさせた方がいんじゃないの?
菊池あなた
菊池あなた
いいって!
山田涼介
山田涼介
・・・・・・わかった
菊池あなた
菊池あなた
帰ろ・・・
涼介の車に乗り込んだ。駐車場を出る時、視界に平野さんの顔が飛び込んできた


平野紫耀
平野紫耀
(ニヤッ)
菊池あなた
菊池あなた
(えっ?・・・・・・笑ってる?)


私は、その笑顔に一瞬にして恐怖を感じた・・・・・・せっかくの涼介とゆっくり過ごせると思ったのに・・・・・・



自分の人生を・・・・・・恨んだ・・・・・・・・・


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あんず🐝
あんず🐝
小説書きます。年齢設定などぶれることがあるかもしれないです。 基本的には、Hey! Say! JUMP、King&Princeの誰かをメインで書いていく予定です。 ご意見ありましたら気軽にコメントしてください。 ファンマ╭☞🐝 社会人の大人(笑)でもジャニーズめっちゃ好き。 気軽にフォロー、コメント残していってください Hey! Say! JUMP 有岡、伊野尾 推しのALL King&Prince 深紅 最近気になる
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る