無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

231
2021/07/13

第3話

3
???  やべぇ。そろそろ人が来ちまうゾ。
早いところ制服を・・・・・
うーん!!
この蓋、重たいんだゾ。
こうなったら奥の手だ!
ふなーーーーーーそれっ!




ぶぉーーーーー




??? さてさてお目当ての・・・・・・・・・
ってギャーーーーーーーーー!
オマエ、なんでもう起きてるんだ!?




あなた えっ?
グ、グリム?




グリム なんで俺様の名前を知っているんだゾ?




あなた えっ?あっ?いやー? アハハ?




グリム 変なやつなんだゾ
でも俺様はオマエの名前を知らないから言ってくれ!




あなた あっ! あなたです!




グリム あなたか じゃああなた!
オレ様にその服をよこすんだゾ
さもなくば・・・・・・・丸焼きだ!




はっ?何言ってんの?えっ?馬鹿なの?
って言いたいけど・・・
可愛い可愛いグリムには言えないよねー
言えるわけが無い




あなた いやー? ね?それはちょっと無理かなー?




グリム じゃあ丸焼きだ!




まじかー?
どするかー?
逃げる? いやでも逃げたら可愛いグリム見れないじゃん?
どーしよー?




グリム ふなーーーーーー!!




ベシ




グリム 痛いんだゾ!




可愛いグリムに何しとんじゃー?




??? ダメじゃありませんか?
まだ起きていい時間じゃありませんよ?




あなた クロウリー様




クロウリー はて?
私はあなたに名前を言いましたっけ?




あなた あっ!学園長!




クロウリー こんにちは
それじゃあ入学式を始めましょうか?
そろそろみなさんも起きる頃です。