無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

212
2021/07/13

第4話

4
グリム  おい! オマエオレ様のこと離すんだゾ





クロウリー おや すみません ではどうぞ




ポス




あなた ん?




クロウリー あなたの使い魔ではないのですか?




あなた 使い魔?




グリム オレ様はこんな奴の使い魔じゃねぇーんだゾ




クロウリー ハイハイ反抗的な使い魔はみんなそういうんです




グリム ふがが




クロウリー それでは寮分けを始めます!




ザワザワ




クロウリー ほらあなたも行った行った!




あなた えっ?あっ!はい!!




はぁークロウリー様はいつでもあんなかんじだよな

・・・

ん?
ちょっと待った
クロウリー様?
グリム?
えっ?
それにこの服?
えーと?

えー!!!!!!!

ちょいまち いったん落ち着こう
はい深呼吸
吸ってー吐いて〜
ふー

今私はどこにいるんだ?
えっ〜と
ツ、ツ、ツイステットワンダーランド!!
きゃー!!

えっ?
やば?
は???

だからいったん落ち着いてー!
多分夢 いや絶対夢 必ず覚めるから
フーー
で?
今から入学式ねー
てことはうち監督生じゃね?
まじかー!
やべーな
じゃあうちはこのままオンボロ寮に入ると
そういうわけですね
はーい!

でももし違かったら?
うちが監督生じゃなくて他に監督生がいたら?
よーく考えろ?
これは夢
よし行ける!!


これで闇の鏡がゲームの中みたいに魔力が感じられないって言ったらうちは確実に監督生ってことだよね?




闇の鏡 汝の魂の形は・・・・・・・・・・・・・・・