プリ小説

第4話

よん。
ユンギ
ほんとに住むのねㅋㅋ
あなた

はい!だってあの寮怖いんですもん

テテ
ㅋㅋそれは分かる幽霊でも出てきそーだもんなㅋㅋ
ジミン
ここの理事長ケチだからね
グク
ま、今日の放課後またきな
あなた

はーい!あ、でも収録あるので少ししか入れません

ジミン
そっか、Black Rose今人気だもんね~僕毎日テレビで見る気がする!
あなた

ヾノ≧∀≦)イエイエ!そこまでではないですよ~今たくさんお仕事貰えてるだけなので~!

ジミン
ま、授業頑張ってね~!
あなた

はーい!( ̄^ ̄ゞ

――――――――――――――――――――――――――
ジミン
いや、マジであなた可愛くないか?
グク
俺は全く思わないな
テテ
うん。普通に可愛い
ジミン
あれ?ヒョン達は授業行った?
テテ
おう
ジミン
グクはほんとにあなたに冷たすぎ
テテ
うん。もうちょい優しく出来ねーの?
グク
うん。これがせーいっぱい
ジミン
マジでㅋㅋ
放課後――――――←ざ☆つ♡ㅋㅋ
あなた

せんせー!来たよ~!

ジミン
あ~あなた~♡(´。•ω(•ω•。`)ぎゅー♡
テテ
ジミンまずそのあなたが来たらハグする癖直せㅋㅋ
ジミン
僕はころがふつーなの!
あなた

ちょ、せんせくるじい

ジミン
あ!ごめん!(´._.`)
あなた

大丈夫ですよニコッ
てゆーか早くしないとマネ-ジャ-が来ちゃう~

テテ
あ、そっか!ヒョン達来ないしじゃ先行こ!
あなた

はーい!

テクテク先生に付いてく

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

이_민지
이_민지
色々 あって戻ってきましたんご˙꒳​˙)