無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

228
2019/10/05

第13話

次の日!!
莉音
ふわぁ〜っ
眠…( ¯꒳​¯ )ᐝ
ちなみに今、6時です








私は朝にすごく弱いからwこんな時間でも
すごく眠いんだよね









特に今日は眠い。眠すぎる時は私寝ぼけるからなぁ…笑笑












と思いながらリビングに降りた
もっくん
莉音!おはよー!
ひろぱ
ん、おはよ!
莉音
…ん…あれ??
ん…あれ?こんなところに大きな抱き枕が!











ちょーどいいや!寝よう!
莉音
わぁぁーーい
(もっくんを抱き枕だと思って抱きしめる)
もっくん
!?!?!?///////なになにっ…
ひろぱ
!?莉音…?
莉音
抱き枕ぁ…
Zzz… _(*´﹃`*_ )_
もっくん
…可愛い…
ひろぱ
可愛いすぎ…
ひろぱ
お前ずりーな…
もっくん
だって急に莉音が…
ひろぱ
俺は莉音のこと、好き。
お前には絶対負けねーから
もっくん
俺だって好きだよ
お前には負けないよ笑笑
その日私は結局10時まで寝ていた



















2人が
そんな会話をしてたことなんて知らずに