無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

131
2021/07/03

第18話

#15
深澤side
あなたから連絡がきた
阿部の面会が出来るようになったらしい
俺は大学が終わった後、急いで阿部の病室に向かった
ガラガラ(ドアの音)
阿部亮平
ふっか…………
深澤辰哉
よっ、久しぶり
俺と阿部の間に気まずい雰囲気が漂う
深澤辰哉
阿部、最近d
阿部亮平
ほんっとうにごめん!
ベッドの上にいる阿部が勢いよく俺に謝ってきた
深澤辰哉
阿部…………
阿部亮平
俺、あの時余裕がなくてふっかに当たっちゃった
阿部亮平
こんな言い訳して許されるわけないと思ってるけど、本当にあの時はごめん
深澤辰哉
いいよ、余裕がないことくらい察してたし
俺が優しく声をかけると、阿部は静かに涙を流した
阿部亮平
んふふ、ふっかは本当に優しいね
阿部の背中を擦ろうと背中に手をかけた瞬間、阿部の体が前より小さくなってる気がした
多分痩せているのだろう、それだけで阿部の苦労が分かった
深澤辰哉
舘さんは明日来るって
阿部亮平
そっか、舘さんとは入院してから1回も会えてないな~
深澤辰哉
舘さん最近忙しいらしいからね
阿部亮平
うん
阿部の姿を見ていると、身近な人が弱る姿を見るなんてとても辛いなと思った