無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

122
2021/07/03

第19話

#16
宮舘side
今日は久しぶりに阿部の見舞いに行くことになった
実は唯一俺だけ阿部が倒れてから見舞いに行ってない
俺はあなたから教えてもらった病室に向かった
ガラガラ(ドアの音)
阿部亮平
舘さん!
宮舘涼太
久しぶり、調子はどう?
阿部亮平
うーん、あんまりかな
阿部はそう言い苦笑する
阿部は前より痩せてて、見るからに調子は良くなさそうだった
阿部亮平
ご飯もあまり食べれてないし薬も効かない
阿部亮平
なんかね、治らないみたいなの
宮舘涼太
え?
それは衝撃の事実だった
悪性リンパ腫は今の医療技術ならなんとかなると思ってたから、治らないなんて
勿論治らない可能性もあるって分かっていた、だけど大体は治る確率が高いから驚きだった
宮舘涼太
それ、あなたに言ったの?
阿部亮平
ううん、あなたには最後まで言わないつもり
宮舘涼太
俺は言った方がいいと思う、そっちの方が辛さとか分かってもらえるんじゃないかな
阿部亮平
でも俺は言わないし、手術も受けない
宮舘涼太
手術?
阿部亮平
うん、手術しないかって言われたんだけど成功率は高くもないし手術が成功したからって治る訳じゃないし
阿部亮平
それよりは手術しないで一分一秒長くあなたといたいんだよね
宮舘涼太
そっか、まあ決めるのは阿部だし判断とかは任せるよ
宮舘涼太
じゃ、飲み物とか買ってくるね
阿部の病気は治らないとかそんな現実から目を背けたい
なんで阿部が、よりによって優しい心の持ち主の阿部が苦しまなきゃいけないんだろうか
俺は自動販売機の前で立ち尽くしながら静かに涙を流した