無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

162
2021/06/09

第13話

#11
あなたside
亮平が入院してから2週間ほど経った
今は面会拒否をしているようで、荷物を置きに行っても看護師さんに渡すことになっていて亮平とは会えていない
寂しいけど亮平の気持ちが優先だ
私はそう思いながら自販機で買ったミルクティーを屋上で飲んでいた
???
お姉さん、何か嫌なことあった?
あなた
私?
???
うん、キミだよ!
そう私に話しかけてきたのは小柄で可愛らしい男性だった
服は入院服で、恐らくこの病院に入院しているのだろう
あなた
あの、貴方は誰ですか?
???
あはは、そうだよね
???
急に知らない人に話しかけられたらビックリするもんね
佐久間大介
俺、佐久間大介!よろしく!
あなた
私は齋藤あなたです、よろしくお願いします
佐久間大介
あなたちゃんはどうしてここにいるの?
あなた
今知り合いが入院してて、そのお見舞いに来たんですけど面会拒否されて………
佐久間大介
面会拒否か、辛いよね
佐久間大介
でもその人が面会拒否する気持ち、少し分かるかもな~
あなた
え?
佐久間大介
あぁ、この服装見れば分かるかもしれないけど俺ここに入院してるの
佐久間大介
辛かったときは誰にも会いたくなかったし
佐久間大介
でも今は凄い元気だよ!
あなた
そうなんですね、よかったです
佐久間大介
だからさ、あなたちゃんも元気出してよ!
佐久間大介
その人も笑顔のあなたちゃんが好きだと思うよ?
佐久間大介
じゃ、俺病室戻るわ!
あなた
お話聞いてくださりありがとうございました!
佐久間大介
全然大丈夫、困ったことがあったらまた俺に相談してよ、大体ここにいると思うし?
佐久間大介
じゃあね~!
彼、佐久間さんはそう言い残し屋上から去った
彼も重い病気にかかっているのだろうか、そう思ったけどそこについては触れれなかった