無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

271
2021/05/03

第4話

#2
あなたside
亮平が倒れた。
今は医師が診てくれてるらしいけど、とても心配だ。
深澤辰哉
あなたちゃん!
宮舘涼太
あなた!
あなた
深澤くん、涼太も、ありがとう
この2人は私の知り合いで、亮平が倒れたことを伝えたらすぐ駆けつけてくれた。
深澤くんは亮平の高校時代の同級生で、親友らしい。
涼太は私の幼なじみで、亮平とは高校が一緒で同じクラスだった為亮平と仲が良かった。
深澤辰哉
阿部は大丈夫なの?
あなた
わかんない
宮舘涼太
急に倒れたんだよね?
あなた
そう、急に倒れちゃって………。
ごめん、顔色が悪いのは気付いてたけどまさかこんな大事になるなんて思ってなくて
宮舘涼太
あなた、自分を責めないで
深澤辰哉
そうだよ、阿部も悲しんじゃうよ?
あなたちゃん自身が責めてるところをみたら
あなた
ありがとう、2人共………
深澤辰哉
とりあえず、阿部の回復を待とう、ね?
あなた
うん………
2人が来てから1時間後、亮平を担当してくれた医師が私たちの元に来た。
医師
阿部亮平さんの付き添いの方たちですか?
宮舘涼太
はい、阿部は大丈夫なんですか?
医師
命は助かりました、でも阿部さんの体についてお話ししたいことがあります。
お時間大丈夫ですか?
あなた
はい、大丈夫です
医師
わかりました、では今から説明をしたいと思いますので着いてきてください
私たちはその医師の後を追い、亮平の体について話を聞くことになった。