無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

227
2021/05/04

第6話

#4
あなたside
先程医師の方が言っていたこと、それは「亮平が何かの病気であるかもしれない」こと。
それを聞いた時は何も考えられないほどショックで、亮平が病気でありませんようにと何度も心の中でお願いした。
亮平の苦しむ姿は見たくない、これからもずっと亮平と一緒に笑っていたい。
そう考えていたらいつの間にか顔が曇っていたようで涼太に声を掛けられた。
宮舘涼太
あなた、ボーッとしてたけど大丈夫?
って言いたいところだけど大丈夫じゃないよねw
あなた
うん、まあね
宮舘涼太
きっと阿部は大丈夫、今は悩みすぎても何も解決しないよ?
あなた
うん、ありがとう
深澤辰哉
あのさ、今日は一旦解散しない?
いろんな事が起こってみんな疲れたと思うし、1回家に帰って休もう?
宮舘涼太
そうだね。
あなた、阿部の事が心配だと思うけど一旦帰って落ち着こう?
あなた
2人共ありがとう、先生も今日はもう終わりって言ってたから帰ろうかな。
明日また来るよ
深澤辰哉
うん、俺は学校が終わった後来るからさ
宮舘涼太
俺もそうするよ。
じゃあ解散ということで、じゃあ
涼太のその言葉で、私たちは解散した。