前の話
一覧へ
次の話

第15話

954
2019/02/10 22:51


さっきから山田クンと話してても



心臓がうるさいの…



これはデートじゃないのに、


勉強するだけなのに、





自分が1番分かってるはずなのに




だけどどうしても





ドキドキするの…
涼介
涼介
あなた?
あなた
あなた
ふぇ?!
涼介
涼介
大丈夫?もうすぐ着くから
あなた
あなた
あ、うん

山田クン、お金持ちなのに



いつも歩いて帰ってるんですって、



私なら歩きなんて絶対いやよ.
涼介
涼介
あ、ココ!
あなた
あなた
へっ?!デカい


私のお家と同じくらいいや、もっとあるかもしれない


涼介
涼介
あ、俺の部屋行っといて!
2回の1番右
あなた
あなた
わかったわ!
山田くんの部屋は予想通り


シンプルで、とてもキレイだった、

いろいろ見ていると
あなた
あなた
なんなのよ、この写真.
女の人と2人で撮った写真かざってるなんて
あなた
あなた
私、帰る


すると、タイミングよく



山田くんが入ってきた
涼介
涼介
え、あなたどうした?
あなた
あなた
やっぱり私は2番目なんだ
涼介
涼介
え?!
あなた
あなた
あの、写真だれ?
涼介
涼介
もしかして,あの写真見て、妬いてくれたの?
あなた
あなた
違うわよ!!!
涼介
涼介
あれは姉貴
涼介
涼介
今、海外にいるから
あなた
あなた
どうりで、美人なのね
涼介
涼介
焼いてくれてありがとう、
そんな事されると期待すんじゃん
あなた
あなた
だから違うって
涼介
涼介
勉強しよーぜ

私の言葉さえぎられた.



けどまぁ、勉強しますか!!



頑張れ〜!私!‪w

プリ小説オーディオドラマ