無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

187
2020/10/14

第10話

あれから。





それから私の事は学校中にひろまった。






モブ
ねぇ、あの子何しても感じないらしいよ
モブ
え?もしかして不感症とか?
モブ
キモ〜、、
モブ
うわ、、こっち来た、、
あなた

、、、






とっくに不感症ということは知られている。





それでも私は感情がないから普通でいられる。













バシャン!!!!!








モブ
あ〜手が滑っちゃった〜ww




そんなことを言われても、


私は何が起きたのか分からないし。



水をかけられたなんてわかるわけない。






ジェル
ジェル
ちょ、、!大丈夫?!
あなた

あ、、ジェルさん

さとみ
さとみ
何やってんの!
あなた

え?

ななもり
ななもり
水かけられたんだよ!
あなた

え、、、、

あなた

、、ほんとだ、、、

ジェル
ジェル
保健室行くで
あなた

えっ、、あ、、はい

モブ
(・д・)チッ、、、
モブ
後で屋上来いよ





と、耳元で言われた。









何をされるかはだいたい予想はつく。












でも、行くしかない。




誰かが巻き込まれたら私のせいだし、、