無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

第25話
243
2022/03/13 11:11
それからしばらく練習室で一緒にダンスをしていた
休憩
(なまえ)
あなた
あー疲れたぁぁぁ
でもやっぱいいねダンスは!!
じぇみん
じぇみん
そうだな…
(なまえ)
あなた
え、今そうだなって行ったの誰?!?!
え、誰?!
(なまえ)
あなた
絶対やっぱダンス馬鹿って言われると思ったんだけど!!
じぇの
じぇの
じぇみんだよ( *´︶`*)
じぇみん
じぇみん
や〜言うなよぉ
(なまえ)
あなた
じぇみん氏ぃぃぃぃ
もぉ好きだよぉぉ
ダダダダダ
後ろからじぇみんの背中に飛び乗るあなたの下の名前









ずっとくっついて離れません…
あなたの下の名前は直ぐに頭に浮かんだことも言ってしまうし、しようと思ったことも行動に移してしまう
ちそん
ちそん
またやってる( ´ ᐞ ` )
ちょんろ
ちょんろ
ずっと一緒にいてあれがあなたの下の名前だから当たり前に思うけど好きな人がほかの男にあんなことしてたら嫉妬するよなぁ
ろんじゅん
ろんじゅん
そうだよなー
へちゃん
へちゃん
うんうん
まーく
まーく
本人が気づかないのもまた問題なんだよ…
じぇの
じぇの
皆同じこと思ってたんだねㅋㅋㅋ
じぇみんもいってたよ
あなたの下の名前は興味があることに一直線で人との距離感がバカなためよくDREAM達にとめられている
じぇみんとあなたの下の名前以外が練習室の外に行った時
じぇみん
じぇみん
あなたの下の名前やーちょっと来てぇ( *´꒳`* )
(なまえ)
あなた
どーしたー?
💭おっと嫌な予感がする…
絶対あの日じゃん
さっきまで静かだったのに
じぇみん
じぇみん
( *´︶`*)
スタスタスタスタ
笑ったまますごいスピードで近づいてくるじぇみん
(なまえ)
あなた
なになになになに…
後ずさりをするあなたの下の名前



すぐ後ろは壁でもう逃げられない
(なまえ)
あなた
///えっ近い近い近い近い…!!!
じぇみん
じぇみん
びっくりした??( *´︶`*)
(なまえ)
あなた
何?どーゆーこと…?(´°‐°`)
じぇみん
じぇみん
いつもあなたの下の名前がやってくるようなことしたんだけど?
と笑っていた顔から真顔になって言う