無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

📖
801
2022/07/05 09:30
[ NAMJOON side ]










ワールドツワーでの



日本公演が無事に終わり、




宿泊しているホテルで



打ち上げと一緒に、ホソクの誕生日も

まとめて祝うことになった。





JIMIN
JIMIN
ホビヒョン、お誕生日おめでと〜!!
TAEHYUNG
TAEHYUNG
 건배(コンベ)〜(乾杯) *。✧
YOONGI
YOONGI
 건배(コンベ)〜(乾杯)!
JUNGKOOK
JUNGKOOK
ホビヒョン、사랑해요(サランへ)〜♡
JIN
JIN
25歳おめでと〜 ♫
HOSEOK
HOSEOK
ヤー…みんな、本当にありがとう!! 毎年お祝いしてくれて、本当嬉しいよ。
NAMJOON
NAMJOON
ヤー!! 俺たち家族なんだから、当たり前だろ!! ㅋㅋㅋ




この後、ARMY達に向けての
「V Liveもする」と言っていたホソガの為に



みんなで、ホソガが宿泊している部屋を
誕生日仕様に飾り付けをしていた。







「またすぐにユンギヒョンの誕生日だな〜」と
思いながら風船を膨らませていると、




無事に終了した、日本公演の話になった。





JIMIN
JIMIN
今回の公演、どうでしたか?
TAEHYUNG
TAEHYUNG
すっごい楽しかった *。✧
JUNGKOOK
JUNGKOOK
日本のARMYは、一体感がすごいですよね!! それが空気でも感じられると言うか。あれは日本特有な気がします。
HOSEOK
HOSEOK
あ〜!! わかる、わかる!! あれは、なんて言うか…言葉で表現出来ないくらい感動する!!
YOONGI
YOONGI
コンサートじゃないと分からない感動があるから…「やっぱコンサート良いなぁ」って思う。
JIN
JIN
 モグモグ    うんうん。





NAMJOON
NAMJOON
…その通り、だよ。



コンサートは、ARMYと時間を共有する事ができる、特別な時間だ。





その時に得た



『愛』や『熱意』、『リスペクト』に

『やすらぎ』。





ARMYは、たくさんの感情を俺たちに
プレゼントしてくれる。






そこから、また




たくさんのインスピレーションを受けて




また新しい次のステップへと
邁進(まいしん)する事ができる。








その瞬間があるから、俺たちも頑張れるし




「またここに帰って来よう」

「もっと俺たちの愛を伝えたい」




って、気持ちになるんだ。















俺たちは恵まれている。



たくさんのARMYに愛してもらえて。










ずっとずっと、

この時間が永遠であれば良いと






心の底から思う。









JIMIN
JIMIN
次のアルバムも、早くARMYに聴いて欲しいですね ♫
JIN
JIN
あと2ヶ月だから、もうすぐだね。
HOSEOK
HOSEOK
来月は香港での公演が4日もあるから、香港に滞在する時間が多くなる分、韓国でしか出来ない作業とかは、合間の時間を有効的に使わないと間に合わなくなるね。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
ジャケット撮影はいつ頃になるんですか?
NAMJOON
NAMJOON
日本から帰ってすぐだよ。
TAEHYUNG
TAEHYUNG
楽しみだなぁ ♫



カムバックに向けて、

口々とARMYへの思いを語るメンバーに


嬉しくなって、自然と口角が上がる。







同じ志(こころざ)しを持つ仲間がいる事は、


すごく心強いし


すごく安心する。





JUNGKOOK
JUNGKOOK
ホビヒョン。Rの風船、この辺でいいですか?
HOSEOK
HOSEOK
おぉ〜、JKー!! バッチリだよ!!
さすがだな〜!! ㅋㅋㅋ
JIN
JIN
そう言えば、ナムジュナ。あなたさんとは会ってるの?
JUNGKOOK
JUNGKOOK
…。
JIMIN
JIMIN
…。
NAMJOON
NAMJOON
もう良いから、気にするな! ㅎㅎㅎ
実は、まだ会えてなくて…日本から帰ったら、ご飯に誘おうかと思ってるんです。
TAEHYUNG
TAEHYUNG
えぇ!僕もヌナに会いたい〜!ㅠㅠ
YOONGI
YOONGI
おぉ!お前、だいぶ積極的になって来たな。 何かあったか?
NAMJOON
NAMJOON
えっ…ぁ、ぃゃ…///
特には何もないですけど…///
JIN
JIN
『自信が付いてきた』って事でしょ! ヒョン、嬉しいよ〜♫





確かに。




以前と比べて、彼女の前で

吃(ども)ったり、恥ずかしくて声が小さくなることが少なくなった。











でも、それは




『自信が付いた』と言うよりは、


欲張りになってきただけの様な気がする。









新しく彼女を知るたびに




もっと知りたい


もっと近づきたい




もっと俺のことも知ってほしいって気持ちが








どんどん大きくなって



気持ちも身体も

前のめりになっている感じ。








NAMJOON
NAMJOON
(早くあなたさんに会いたい。)






ニヤける顔を抑えきれず


誤魔化(ごまか)すように



また次に膨らませる風船に

手を伸ばした。



























JIMIN
JIMIN
ナムヒョンとヌナの邪魔しちゃ
ダーメッ! 分かった?
TAEHYUNG
TAEHYUNG
…わかった。