無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話


すいません。


屋上って書いてたのに。ネタを思いつきまして


JIN「やっぱ、リモをしんじる」


BTSJIN以外「マネヌナいじめたんだぞ?!」
 

JIN「考えたら、あなたってそんなことする子だったっけ?まだ高校一年生で学校に通いながら仕事してるのに朝早く起きてみんなを起こして、洗濯物を干して、朝ごはん作って、部屋の片付けしてくれてたよね。あなたがきつい時も出来ることだけでもやってくれた。
あなたの作ってくれた朝、昼、夜ご飯
今はそれを味わえてない。洗濯物もたまってるし、部屋も汚い。朝のモーニングコールもない
と、みんな起きれてないじゃん。
みんなあなたに近づくなって言ってるくせに
あなたのモーニングコールなかったら起きれないじゃん。撮影上手くいってないじゃん。」


TWICE「JINさんnice!


ナヨン「まだほかの人たちは心が変わってませんか?」


ツウィ「今日、あなたの誕生日🎂なんだけど
忘れてんのかよ!」


BTS「(゜д゜)」


TWICEみんなでビデオ通話しよ」

BTS「俺達も」


📞

あなた「ヨボセヨ?」


TWICE「あなた~.*・♥゚Happy Birthday ♬ °・♥*.」


あなた「ありがと~


サナ「お兄ちゃん!?あなたのお兄ちゃんも写して!」


あなた「いいよ!」


あなた「たけちゃーん。」


ジョンヨン「イケメン。、」


TWICE「やばい。BTSよりもイケメン。」


あなた「自慢のお兄ちゃん。」


BTS「あなた~誕生日🎂(ノ´∀`)ノぉめでとぉ.+*:゚+。.🎉🎊」


あなた「ありがとね。」


TWICE「誕生日プレゼント🎁(゜д゜)


あなた「誕生日プレゼント🎁なんていらないよ☺︎私はおめでとって言ってくれるだけで嬉しいの。誕生日にお金かけないで。その一言で
年齢が1つ上がるでしょ?私は15になったんだよ!」


BTS「...。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🇰🇷 りも
🇰🇷 りも
普段は読む専門
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る