無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話
BTS「やばくない?」

JK「けど、これだよ?」
RM「あなたってTWICEと仲良かったよな?」


JM「聞いてみましょ」
TWICE楽屋にて)


コンฅ^•ﻌ•^ฅコン🚪


チェヨン「はい。」

BTS「BTSです」


TWICE「なんですか?、あなたは?」


BTS「あなたの事なんですけど、何か知りませんか?」

モモ「自分達で聞いてみたら?」


BTS「聞いたんですけど、こたえt

ジョンヨん「あなたは、言おうとしてたんじゃないですか?」

BTS「マネオンニをいじめてるんです」


ミナ「私はあなたを信じます」
TWICE「私も」

TWICE「あなたは、いつも苦しんでいました。BTSから、抜け出したいとか。辞めたいとか、あなたはソヨンって言う活動名でも活躍してるけどソヨンだけでやってこーかな?って
最近は私達の家に来て、思ってることを
泣きながら説明してるれた
BTS「俺たちはまだ信じれない」
 

TWICE「は?」


サナ「あなた多分もうすぐ泣きながら電話してくるよ」


30秒後



📞


BTS「すげぇ」


⬆ごめん。、ネタ切れ

誰かコメちょーだい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🇰🇷 りも
🇰🇷 りも
普段は読む専門
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る