無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
みんなが耳をすまして)
📞


サナ「ヨボセヨ?りも~😭信じてもらえんかったん。またなん?いつも電話ありがとね☺︎
BTSなんか辞めてTWICEなれば?」


BTS「!?」


あなた「なりたい。。。メンバーのことを信じてくれないグループなんかやめたい。TWICE,」


JK「なんで勝手に決めるんですか?」

サナ「何も勝手に決めてないけど。あなたに聞いたけど?」

ミナ「爆笑☺︎

JM「あなたの事なんですけどもうちょっと聞かせてくれますか?」

ダヒョン「あなたは、新しいマネさんが車では楽しそうだった。けど、新しいマネさん来てから様子が変わったの。いつも元気でうるさいあなたが静かでずっと泣いて、毎日電話、相談くれた。本当は辛いのに😭頑張ってた
それを影で作戦会議して、メンバーを信じなくて自分だけ思いの人達には、もう、話すことありません。」
ごめんなさい。来るまでを車でってふざけてしまった


BTS「.........。」

モモ「あなたってソユンだけど、知ってた?」

JIN「知らなかったΣ(゚д゚;)」


BTS「みんなファンクラブ入ってr」

TWICE「あなたとそゆんは同じ!
早く迎えに行って上げて!自殺しようとしてるかも.........。だから、生きてたらありがとうって先に言ってあげて」


BTS「あなた」


屋上








作者

最近、出せてないね。

ごめんなさい。面白い?この小説。

そろばんが忙しくて。

全国一位を目指してるの。

いまは、全国5位(`・∀・)ノイェ-イ!

調べても出てこないよん♪

まだ、投稿されてないから





続きは今度
ごめんなさい🙏そゆんでした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🇰🇷 りも
🇰🇷 りも
普段は読む専門
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る