プリ小説

第8話

告白

みんながあなたの家に来てくれた

ミナ
おーいあなた〜
テテ
おいーー
あなたのお母さん
あーテテくん!
テテ
あのーあなたは?
あ〜それがね
友達にはやく来てって言われて
行くねって言って
朝早く出ていったわよ?
テテ
そーなんですか??
ミナ
テテ!
はやくいこ
テテ
うん
あなた
あの...
なんですかね?
なんですか?じゃないわよ

またあなたがテテと仲良くしてるのを見たんだよねー
だからごめんね?
ボンッ
あなた
痛いッ😭
テテ
あ!まただ
テテ
おい!なにしてるんだよ?
テテ
泣いてるのに殴るなんて
あ...テテくん
あなた
てて?!なんで?
ごめんなさい



女は泣きながら去っていった
テテ
あなた!大丈夫か?
あなた
うんありがとう😭
テテ
心配になってきてみたら
なぐられてて
テテ
俺の気持ちをいうよ?
あなた
え?
テテ
俺はお前と幼なじみ
ちっちゃい時からお前が好きだった
テテ
だから付き合ってほしい
あなた
え?😭もちろんいいよ?
わたしもテテのことが好きだった
LINEで返してくれた時嬉しくてたまらなかった
テテ
それじゃあよろしくね!
あなた
うん!
ミナ
あー告白しちゃったねー
グク
テテあなたのこと好きだったんだねー!
ミナ
私は昔から知ってたけどね!
ミナ
あなたもテテのことがすきだとは分からなかったよ(笑)
ミナ
あーいいな!
わたしもこんな恋してみたい😳💕
心の中
グク
ミナ俺がしてあげるじゃん?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

SARA
SARA
何話か小説書いてます! 色々書いてるので話がごちゃごちゃになってきてますㅎㅎ TWICEとBTSが好きです! 何が好きとか選べません! 全員好きです💕 よかったらわたしの妄想読んでみてください おもんないかもしれないですけど🙏 これからもよろしくお願いします👋😝
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る