第4話

 𝟎𝟐
8,613
2023/09/30 07:54


 彼の名前は荼毘 。

 ヴィラン連合に所属している、と

 移動中に軽く自己紹介をしてもらった


あなた
ヴィラン連合って悪い人たちのこと?
荼毘
まぁ
荼毘
“ ヒーローが正義 ” と定義される
この世の中じゃ俺らは犯罪組織なんだろうな
あなた
ふーん
荼毘
… さてはお前
聞いてきたくせに興味ないな?
あなた
あははっ、バレちゃった 笑



 さも残念がるように

 あちゃー、と軽くおでこを叩いた私



あなた
私さ、仲間 …って言うのはもうズルいか
天使殺したんだよね
荼毘
それが堕とされた理由か?
あなた
うん
あなた
自分の中の正義を信じたんだけど
この世界にとって私の正しさは異物だったみたい
荼毘
そうか
じゃ尚更ヴィラン連合はお前にぴったりだ
あなた
!
あなた
ふふっ、さらに楽しみになっちゃった!
早く連れてってよ!
荼毘
だから今歩いてんだろ
あなた
歩くのじゃ遅いよー
走ろ!早く行きたい!!!
荼毘
は?  疲れるから無理







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈









荼毘
着いたぞ
あなた
… うそでしょ?























あなた
ボッッッッッロ!!!!!
荼毘
文句言うな。
あと中に入ったら喋んなよ











 “ 殺されたくなかったらな ”








あなた
はーい!
ねぇ、それより早く入ろ!!
荼毘
( 絶対分かってねぇなこいつ )




┈┈┈┈┈┈┈┈







死柄木 弔
遅かったな
荼毘
あぁ、ちょっと拾いもん見つけてな
トガヒミコ
もしかして猫ちゃんですか!?
捨て猫!?
荼毘
ま、そんなとこだ
あなた
こんにちはお嬢さん
捨て猫堕天使ですにゃーん
トガヒミコ
ひゃっ  ( かわい ~!!!!! )




 部屋の中に1歩踏み入れた瞬間

 私は手だらけの男に4本指で首を掴まれた





あなた
ぅ"っ 、ねぇー荼毘!
この人最悪!!
死柄木 弔
あ?
荼毘
( 喋んなっつったのに … )
死柄木 弔
お前がヒーローのスパイじゃない証拠は
あなた
ない
あなた
堕ちて初めて会った人がヴィランだった。
ただそれだけ
死柄木 弔
… 入ってきたとき
堕天使って言ったな
あなた
うん
死柄木 弔
何が出来る
何の役に立つ
あなた
戦える
ちなみに激強だよ?




 試しに右手で炎をだしてアピールしてみる



死柄木 弔
残念だったな、炎は間に合ってる
あなた
え!?
そうだな他は …
あなた
ヒーロー科のスパイとか!





 あれでしょ? ヒーローと対立してるんでしょ?

 と 、金髪の女の子に話を振ってみる




トガヒミコ
そーですね!大っ嫌いです!
あなた
ヒーローは数が多い
まずは卵から潰すのが筋じゃない?
死柄木 弔
… まぁ一理(いちり)あるな
あなた
どう?興味湧いた!?
個性もヒーロー科っぽいでしょ?
あなた
スパイ向いてると思うんだよね!
荼毘
いやでもお前、堕天使だろ
羽黒いぞ
あなた
んー、染めればいけんじゃない?




 私がそう言うと手だらけの人は首から手を離し

 椅子に座って、こう言った





死柄木 弔
来週ヒーロー科の入試がある
そこで合格し、スパイとして潜入しろ
トガヒミコ
いいんですか弔くん?
この子裏切るかも
死柄木 弔
大丈夫だろ
こいつの芯の通った眼を見れば分かる
あなた
んふふっ、よくお分かりで
あなた
私は私の正義に従うだけだよ
例えそれが人殺しでも。




 まぁ裏を返せば、ヴィランを裏切ることが

 私の正義と繋がるなら

 私は迷いなく裏切るんだけどね





 という言葉は心の中に閉まっておくことにした



荼毘
死柄木
こいつ、ちゃんとイカれてるだろ?
死柄木 弔
あぁ最高




























死柄木 弔
気に入った





┈┈┈┈┈┈┈┈┈
♡ × 50



作者
作者
トレンドありがとうございます!!
作者
作者
ヴィラン連合の皆様の話し方が
まだ把握できてないんです、すみません💦
作者
作者
違和感あったら教えてください

プリ小説オーディオドラマ