無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

放課後
あなたside


永瀬くんと一緒に公園のベンチに座った。
永瀬廉
永瀬廉
俺、実は昔ここ住んでたことあるんや
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
へぇ~!私は小さい頃からずっとここにいる!
永瀬廉
永瀬廉
小学生の頃、好きな人が出来て、よくその子とここで遊んでたんや!
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
そうなんや~!
永瀬廉
永瀬廉
でも、俺が転校して別れちゃってさ…
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
そっか…
その瞬間、

ズキッ と

頭が傷んだ。
そして、
「あなたちゃん、ずっと一緒に居ような」


「うん!廉くん!」
こんなことが頭の中に出てきた。
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
ズキッ 
バタン


私はその瞬間倒れた。
永瀬廉
永瀬廉
あなた!あなた!