無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

放課後
あなたside


美桜と別れて、家に向かって歩いている時。
…高橋さん!
誰かに声をかけられた。

振り向くと転校生の永瀬くんやった。
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
あれ、永瀬くん
永瀬廉
永瀬廉
朝、保健室行ってたけど大丈夫やった?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
うん。それより、永瀬くんなんで、ここにおるの?
永瀬廉
永瀬廉
家こっちなんや、高橋さんは?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
私、美桜とコンビニ行ってて。今、レジが混んでるから先行っててって言われたから家帰るところ。
永瀬廉
永瀬廉
そうなんや。じゃあ、少し話したいことあるから近くの公園行かん?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
別にいいよ!
こうして、私と永瀬くんは公園に向かった。



でも、なぜ、永瀬くんの後について行ったんやろ。