無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

保健室
大吾side


キーンコーンカーンコーン


授業の始まりのチャイムがなった。
西畑大吾
西畑大吾
俺らのクラス2時間目なんやったけ?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
数学じゃない?
西畑大吾
西畑大吾
良かったわ、サボってw
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
まじ、それなw
こうやって、あなたと他愛もない話をするのが

俺は大好きやった。
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
あ、そういえば、永瀬くんが私に「覚えてないん?」とか言ってたけど、なんやった?
西畑大吾
西畑大吾
あー…人違いやって!気にすんな~!
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
へ~!まぁ、良かったw
あなたにあのことを伝えるのは

ダメだと思って黙っていた。
この後、いろんな話をして

2時間目が終わり、あなたと俺は教室に戻った。