無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

事件?
美桜side
今田美桜
今田美桜
夢香、穂乃果、結愛、ちょっといい?
立花夢香
あ…うん!
すぐに教室に向かって、

3人を体育館裏に呼び出した。

体育館裏
相原穂乃果
呼び出してどーしたの?
今田美桜
今田美桜
あんたら分かってるんでしょ?なんで呼ばれたか
藤田結愛
えー、わかんないよ?
今田美桜
今田美桜
あんたらが、あなたのノート隠したんでしょ
立花夢香
私たちがそんなことする証拠ないよ?
今田美桜
今田美桜
あんたたちは西畑と道枝と恭平先輩が好き。で、あなたに嫉妬していつも持ち歩いてるあのノートを盗んだ。
立花夢香
あー、バレた?そうだよ。あんなやつと大吾くんたちは釣り合わない。それに記憶がなくなるやつなんか好きじゃないでしょ?w
この言葉を聞いた瞬間

私の中で何かが切れた
今田美桜
今田美桜
は?ホンマにいってんの?あんたらはあのノートを見てあなたが一日で記憶が無くなるって知ったんやろ?だったら、あなたのことを考えるのが普通なんちゃうの?
相原穂乃果
別にあなたがどうなろうが私たちには関係ないことやしw
今田美桜
今田美桜
アンタ達があなたの病気のことを詳しく知らんからそう言えんの。あんたらがあなたと同じ病気になったら同じこと言えんの?
藤田結愛
もういいよ!夢香、穂乃果、行こ!
立花夢香
ちょっと待って。これ。あなたのノート。こんなの要らんからあげるわw
今田美桜
今田美桜
あんたら、もしあなたのこと他の人に行ったらわかるよね?
相原穂乃果
わかったから。行こ。