無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

翌日
廉side


次の日、病院からあなたが目覚めたと連絡があったらしい。

すぐに恭平先輩と美桜と西畑と道枝と一緒に

あなたの病室に向かった。
ガラガラ
今田美桜
今田美桜
あなた!
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
美桜…!
今田美桜
今田美桜
ギュッ 大丈夫?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
ギュッ うん!…思い出したよ。過去のことも。
永瀬廉
永瀬廉
…あなた。ごめん!
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
謝って許されることじゃないって分かっとるよね?
永瀬廉
永瀬廉
分かっとる。けど、1つだけ聞いて欲しいことがあるんや。
俺は昨日美桜たちに話したことを

あなたにも話した。
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
…ごめん。私、廉が主犯だと思ってた。違ったんやね。
永瀬廉
永瀬廉
俺の方こそ、あなたのことを守ればよかった。ホンマにごめん。
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
全然。こっちこそごめん!
今田美桜
今田美桜
一件落着やねw
高橋恭平
高橋恭平
そうやなw
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
あ、思ったんやけど、なんで廉は私の記憶戻そうとしてくれたん?
永瀬廉
永瀬廉
…あなたのことがまだ好きやからかな
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
ありがと!でも、私には大吾がいるからごめんね!
永瀬廉
永瀬廉
分かっとるよ!w
道枝駿佑
道枝駿佑
大吾照れとるw
西畑大吾
西畑大吾
うるせぇw