無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

翌朝
あなたside
ピピピ 

目覚ましの音が鳴って起きた。
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
フワァァァァ_( ´⚰︎` )_
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
あれ?
何かがいつもと違っていた。
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
待って、私、自分のこと覚えてる?
そうだ。

いつもは覚えていないのに

今日は覚えている。

ノートを見なくても。
すぐに階段を降りてお兄ちゃんの所に向かった。
高橋恭平
高橋恭平
おー、あなた!そんなに急いでどうした?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
ねぇ、私、自分のこと覚えてる!兄ちゃんのことも!みんなの事も!
高橋恭平
高橋恭平
…ほんとに?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
うん!
高橋恭平
高橋恭平
じゃあ、自分の名前は?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
高橋あなた
高橋恭平
高橋恭平
俺の名前は?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
高橋恭平
高橋恭平
高橋恭平
親友の名前は?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
今田美桜
高橋恭平
高橋恭平
彼氏と彼氏の友達は?
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
彼氏は西畑大吾。友達が道枝駿佑。
高橋恭平
高橋恭平
あなた…
♡(*>ω<)ω<*)♡ギュッ♡♡
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
兄ちゃん…ごめんね、今まで。
高橋恭平
高橋恭平
全然大丈夫やで。よし、用意しよっか!
高橋 (なまえ)
高橋 あなた
うん!