無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

4裏
玄樹side

あなたが男の人苦手ってことは、なんとなく気づいてたけど。。

あんなことがあったなんて。


変えてあげなきゃ。この先絶対後悔する。


。。。。


夜6時

あなたside
あなた

んッ。ん〜。

岩橋玄樹
あ、あなた起きた?
おはよ。よく寝たね。
あなた

あれ、玄樹くん。おはようございます。紫耀くんと変わったんだね。

岩橋玄樹
うん、そうだよ。
汗凄いね。薬効いてる証拠だね
そう言って手で汗を拭ってくれた
あなた

げ、玄樹くん。手、汗ついちゃう。

岩橋玄樹
いや、大丈夫だよ。あなたのだもん笑
あなた

もー。すぐ玄樹くんはそういうこと言う。

岩橋玄樹
ははっ笑
あ、どお。少し良くなった?
あなた

うん、少し良くなった。

岩橋玄樹
そっか〜。よかった。
汗ベトベトで気持ち悪いでしょ
あなた

うん、、

岩橋玄樹
お風呂行ってもいいんだけど、ちょっと遠いから。僕の部屋のお風呂つかう?
あなた

え、そんな。悪いよ

岩橋玄樹
全然大丈夫だよ。
あなた

じゃあ、お言葉に甘えようかな。。

岩橋玄樹
じゃあ着るもの、僕準備してくるから少し待っててね?
あなた

わかった。

。。。。
岩橋玄樹
おっけー。行こっか
あなた

うん

スッ

さりげなく手繋がれたし。///
熱上がっちゃう。
岩橋玄樹
じゃあ、服脱がせてあげるね?
あなた

へっ?///
恥ずかしいってば。

岩橋玄樹
もう1回見てるし笑
大丈夫だよ?怖がらなくて
あなた

コクッ。。

優しく脱がせてくれた。

ホック外すの凄い早いし。いつそんなこと練習してるのかな、、



やっぱり恥ずかしいのは変わらないな。、
でもやっぱ玄樹くんは、信じられるんだよね。

岩橋玄樹
はい、タオル。
あなた

ありがとっ。///

岩橋玄樹
恥ずかしがりすぎー。早くおいで?
あなた

うん。

あれ?玄樹くんいつの間にジャージに着替えたの?

かっこいいなー。
岩橋玄樹
ここすわって?洗ってあげる。
上手だな。やっぱちゃんと勉強してるんだもんね。

クンクン

あ、いいにおい。玄樹くんの匂いがする。
あなた

この匂い、いいにおい。玄樹くんの匂いがする〜

岩橋玄樹
おんなじシャンプーだよ、僕と。
いいにおいでしょー
あなた

うん!甘くて凄い落ち着く。

岩橋玄樹
よかった。よし、流すよー、目つぶっててねー
あなた

はーい、、

岩橋玄樹
じゃあ、体洗うよ
あなた

うん、、

くすぐったいよ、、、
岩橋玄樹
細い。ちゃんと食べてるの?
あなた

うん、食べてる

岩橋玄樹
ちゃんと食べてね。心配になる
ギュッ


あなた

玄樹くん泡つくよ?

岩橋玄樹
いいもん、別に。
あなた

ありがとう。玄樹くん

岩橋玄樹
なんで?僕勝手に抱きついてるだけだよ
あなた

いや、不安が消えてくんだよね。玄樹くんにギュッ てしてもらうと

岩橋玄樹
そっか。ならもう毎日抱きついちゃうからね〜
あなた

ふふっ。
毎日はちょっと笑

岩橋玄樹
なんでー。もう決めたもん!毎日抱きついちゃう!
あなた

笑笑

岩橋玄樹
あ、お湯は、入っちゃダメだよ。熱上がっちゃうから。寒いけど出よっか
あなた

うん

うっ、、

寒い。しかも、立ちくらみ?やばい。


フラッ

ギュッ
岩橋玄樹
大丈夫?あなた!
あなた

うん、、少し立ちくらみが、、
あと、、寒い

岩橋玄樹
そっか、そっか。
今あっためてあげるからね。
ポンポン

玄樹くんが体を、バスタオルをかけてさすってくれる。
岩橋玄樹
先寒いから着替えちゃおっか。これはける?
あなた

うん、、

岩橋玄樹
ちょっと前ごめんね

よし、、あとは、これ上から被せちゃうね?
あなた

ありがとう。

岩橋玄樹
やっぱ今日ご飯無理そう?
あなた

でも、みんな作ってくれてるし。。

岩橋玄樹
じゃあ、みんなのとこいって、少し食べる?
寒かったりするのも風邪の症状だから、もし寒くて辛いなら僕の上乗っててもいいよ?
あなた

お願いします。なんか、いっぱい迷惑かけてごめんね

岩橋玄樹
気にしないで。
あなた

ありがと

岩橋玄樹
じゃあ、行こっか。おんぶしてく
あなた

い、いいよ。

岩橋玄樹
僕がやだ。、辛い人歩かせたり出来ない
あなた

ご、ごめん。///

重くないかな。
玄樹くん優しいからやっぱ甘えちゃう。。




玄樹くんがいると安心する。

どういう気持ちなんだろう。

じんくんとは違うなにかを感じている気がする。



。。。