無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

9
あなたside


頭が痛いよ。

クンクン

うん?いつもと違う匂いがする、、

まって、ここどこ?

あ、、そうだ。昨日じんくんのところ行ったんだ。
美味しいお酒もらって、、その後。。
やばい。記憶ない。どうしよう。なんか、変なことしてないかな。。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
あ、起きた?まだ早いから寝ててもいいよ
あなた

じ、じ、じんくん///
ふ、服着てくださいよ

お風呂上がりなのか上半身裸で出てきた
神宮寺勇太
神宮寺勇太
あー、ごめん。まだ起きないかと、、
そっか、、ダメなのかあなた。ごめん
あなた

えっ?な、なんのこと?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
覚えてない感じ?ってちょっとまって、、
じんくんが突然無言で、困ったような顔をして近づいてきた。
な、なんだろう。てか、服まだ着てないし。。///
あなた

キャッ

怖くて目をつぶった。

そしたら急に額に手を当てられた
あなた

どしたんですか

神宮寺勇太
神宮寺勇太
いや、顔以上に赤いから熱あるのかなってそしたらやっぱ熱あった


うそ。だから頭が痛かったのか。

大丈夫です、、と言おうとしたとき



!!!!
岩橋玄樹
岩橋玄樹
じんぐーじー!
朝ごはん一緒に作ろーー!

ってえええ!あなたとじんがやらしいことしてるーー!
その他4人((((えええ!




やばい。ここベットだったんだ。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
してねーし、ちょっと静かにして。あなた熱あるっぽいから
岩橋玄樹
岩橋玄樹
えっ?そうなの?ごめん。大丈夫?僕看病する?
あなた

だ、大丈夫ですよ、、大したことないし。。

神宮寺勇太
神宮寺勇太
大丈夫じゃないの。こういう時は、素直に甘える。
あなた

はい。。

その他4人((((じん〜なにしてんのー!!
岩橋玄樹
岩橋玄樹
熱なんだってってまず、なんで、じんぐーじの部屋にあなたがいるのさ。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
そこはいいの。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
ずるーい
高橋海人
高橋海人
えぇー。熱?大丈夫?かい、お世話する?!
平野紫耀
平野紫耀
大丈夫?痛いの俺代わりになろうか?
岸優太
岸優太
あなたさん、マジ大丈夫っすか?
永瀬廉
永瀬廉
みんな慌てすぎやて。まず、熱測ろな。
あなた

は、はい。ありがとうございます

永瀬廉
永瀬廉
ちょっと腕あげてな?

痛くない?
あなた

うん。

神宮寺勇太
神宮寺勇太
大丈夫?
あなた

頭が痛いかな

神宮寺勇太
神宮寺勇太
やっぱ昨日の、酔ってたわけじゃなかったんだね。かわいそうに。大丈夫?
あなた

コクッ

岩橋玄樹
岩橋玄樹
あなたの看病誰やる?
平野紫耀
平野紫耀
おれ?俺できるよ!よくやるもん。
高橋海人
高橋海人
かいはー?
永瀬廉
永瀬廉
誰がいいか、あなたに決めてもらったらええやん
岸優太
岸優太
確かに!それ名案
神宮寺勇太
神宮寺勇太
岸くん声でかい
岩橋玄樹
岩橋玄樹
じゃあ、だれがいい?
誰なんて決められない。。
ど、どうしよう
岸優太
岸優太
午前と午後でわければ?
平野紫耀
平野紫耀
珍しくいいことゆうね!おじいちゃん
岸優太
岸優太
おじいちゃんじゃないんで
あなた

え、と、、じゃあ、玄樹くんと、紫耀くんがいいかな

本当はじんくんがよかったけど、なんか、ずっと一緒にいたし、疑われそうだからやめとこ。まあ、別に何もしてないんだけどね
岩橋玄樹
岩橋玄樹
お、やった♡
平野紫耀
平野紫耀
おおー!いいの?やった
高橋海人
高橋海人
かいもできるのに。。
あなた

お、お願いします。

かいくん、ごめんね。。

高橋海人
高橋海人
大丈夫〜!

















゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+



作者より




更新遅くなってしまってすいません!
もっと早くできるよう頑張ります。
次の話は、明日になっちゃうかもです。

アンケート少し前ので取ってるのでお願いします。答えてくれないとお話書けないです‪( •̥ ˍ •̥ )‬

お願いします!