無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第86話

7
夜、、


あなたside
岩橋玄樹
あなた〜、そんな飲んで大丈夫?
あなた

うん、、大丈夫〜

平野紫耀
絶対ヤバいって、、あなた!
あなた

なんでー?

岩橋玄樹
だってあなたお酒弱いじゃん。
あなた

んーー!







今紫耀くんの部屋にいるんだけど、、



なんか、すこーし暗くて落ち着くしいい匂いする。



じんくんの部屋も好きだけど紫耀くんの部屋もいいなー!
岩橋玄樹
なんで、そんな飲んでるわけ?やっぱ神宮寺?
あなた

、、、うん、なんかダメだった

平野紫耀
何がどしたの?
あなた

じんくんが梨花ちゃんのとこ行くって言ったから、、嫌だなって思ったけどいいよ、行ってきてって言ったんだけど

岩橋玄樹
うん、
あなた

そしたら、じんくん暗くてなんか悪かったのかなって。しかも今梨花ちゃんのとこでなんかしてるのかなって、、

平野紫耀
平野ギューしてあげよっか?
あなた

うん、、、んー。するー

平野紫耀
よしよし、、




紫耀くんの腕は思ったよりも心地よく、しっかりホールドされて、、少しだけじんくんを忘れられた




それに玄樹くんも頭ポンポンしてくれてて、、
岩橋玄樹
ねぇあなた?
あなた

ん、、?なんですか?

岩橋玄樹
素直になるのも大事なんだよ?
平野紫耀
そうそう!素直大事!
あなた

え?素直、、?

岩橋玄樹
そ!でもこれ以上言うと神宮寺のお助けしてるみたいになるから言わないけどね?
あなた

、、ん、うん、?

平野紫耀
まぁ飲も!とりあえず!
あなた

うん、!

岩橋玄樹
まだ飲ませる気?
平野紫耀
大丈夫でしょ?








。。。。
あなた

げ、、んき、、。んー、ふふふっ

岩橋玄樹
だから、言ったじゃん。あなたやばいよ
平野紫耀
思ったよりやばくなった。ここで寝かせる?
岩橋玄樹
うーん、、寝るかな?この感じ。
平野紫耀
確かに。これ飲むとでる甘えん坊タイムじゃん。
あなた

しょーーおくん!、、ギューしてー!

平野紫耀
うん、うん。いいけど、、ギュー
あなた

あったかい。あと、いい匂いする。

平野紫耀
そう?笑
岩橋玄樹
何気にこの状況楽しむのやめてよ、紫耀
平野紫耀
だって紫耀って呼んでくれるし、可愛いんだもん
岩橋玄樹
まぁ確かにね?笑
あなた

玄樹〜。チューしたい、、

平野紫耀
え?
岩橋玄樹
チュー?
平野紫耀
ギューじゃなくて?
あなた

チューがいいー

岩橋玄樹
え、いいの?これして?
平野紫耀
ずるい、、
岩橋玄樹
ふふっ。
平野紫耀
玄樹も楽しんでるじゃん〜!
あなた

んー!

岩橋玄樹
分かったって。あなたこっちおいで?
あなた

コクッ

岩橋玄樹
チュッ
あなた

ふふふ〜、玄樹〜好きー!

平野紫耀
やばいやばい。そろそろやばい寝かせなきゃ。
岩橋玄樹
うん、やばい
平野紫耀
俺ベット運ぶわ!





コンコンッ
平野紫耀
ん?
岩橋玄樹
誰だろ
神宮寺勇太
入っていい?
平野紫耀
おーー!じん!大丈夫だった?
神宮寺勇太
、、、。大丈夫じゃない、、
岩橋玄樹
え、もしかして、、
神宮寺勇太
、、、うん、
平野紫耀
まじか〜。。
神宮寺勇太
あなたいる?
平野紫耀
今ベット行って寝てる。相当酔ってたよ。
神宮寺勇太
ね、あなたさ連れて帰るのあり?
岩橋玄樹
んーまぁ、神宮寺だから許す!
平野紫耀
なんかあったっぽいし、今日は許す!
神宮寺勇太
ありがとう、、
岩橋玄樹
神宮寺大丈夫?なんかほんとに元気ないじゃん
神宮寺勇太
俺、、頑張ったんだけどさ、誘惑に負けないように、。でも、無理で、、しかもさっきあなたから行ってきていいよ、って言ったんだけどあんまり気にしてないのかなって思ったらもういいやって
岩橋玄樹
うーん。
平野紫耀
なんか、あなたとじん似てるね、
岩橋玄樹
うん、
神宮寺勇太
罪悪感でいっぱいで。。
岩橋玄樹
連れてっていいから、朝とかいっぱい話しな?
平野紫耀
頑張れ〜!まぁあんまり応援はしたくないんだけどね笑
神宮寺勇太
ありがとう、じゃあ、行くね?
岩橋玄樹
うん、!
平野紫耀
ばいばーい