無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第69話

30
あなたside

神宮寺勇太
あなた、、?大丈夫?疲れたよね
あなた

うん、、

神宮寺勇太
こっち見て、、?
そう言って、私の額に流れた汗を拭いてくれる

神宮寺勇太
身体、、汗で冷えたままだと風邪引いちゃう


こんなに優しい人、、他にいる?

行為後だから、絶対じんくんも疲れてるのに私の事だけ気にかけてくれて
神宮寺勇太
マッサージの意味なくなっちゃったね


と優しく微笑んで


私に口づけをする
あなた

ちょっと、じんくん?

神宮寺勇太
俺、幸せ。  あなたといれて。

この人は、色んな人にこういうのかなって思うと悲しくなるし、でももしかしたら私にだけかもしれないって思うと、、


嬉しくて、、
神宮寺勇太
どうしたの?百面相して
あなた

ううん、なんでもない笑

神宮寺勇太
じゃあ、寝る?
あなた

うん、、



そう言って、裸のままで抱き合って眠りにつく。


今までこんな幸せなかったから、、

私は、こんなに幸せでいいのかな、、



*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――

作者


また、短くなっちゃった。。
ごめんなさい。

お知らせなんですが、8.09 から部活で全国大会に出場することになりまして、、更新が遅くなるかもです。

すいません。なるべくできるように頑張ります✨