無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

7
あなたside
岸優太
おっ、いい匂いするー!やっべー!
高橋海人
ほんとだー!もしかしてあなたちゃんが作ったの??
あなた

は、はい、廉くんも一緒に。

平野紫耀
あなたさん料理上手なんだー!すごーい
ま、まずい。このままだと料理出来ないのに、、


廉くん、こっち見て気づいてくれないかな。。


あっ、目あった。

((出来ないの2人だけの内緒にして。お願い(小声)))
永瀬廉
ええで。内緒、、、な、。(小声)
よ、よかった、、
永瀬廉
せやでー。あなたさん、バリ上手くできてたで〜
岩橋玄樹
えぇー。凄いじゃんあなた
あなた

あはは、、

神宮寺勇太
じゃあ、たべる?
岸優太
食お、食おー!
永瀬廉
はい、あなたさん隣りどうぞ?
あなた

あ、ありがとうございます

平野紫耀
美味しー!
高橋海人
うんまーい!
神宮寺勇太
すっごいおいしい。
永瀬廉
上出来やな?あなたさん。
あなた

はい、皆さんに美味しいと言っていただけてよかったです。廉くんのおかげです。

永瀬廉
しー。あんまおっきい声だとバレるで。
あなた

はい。













































。。。






高橋海人
ごちそーさまー。おいしかったー
神宮寺勇太
今日も一日お疲れ様。じゃあ、各自部屋戻って休んでいいよ。、廉は、残りの仕事よろしくね。
永瀬廉
了解ーー
平野紫耀
あなたさんバイバイー