無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

13
海人side

なんとなく、悲しい気持ちになった。昔を思い出した。あなたちゃんに聞いて欲しいって思っちゃったけど、、
初対面のやつにこんなん話されてもね、、
今はただそっと近くにいて人の温もりを感じたいと思った
高橋海人
高橋海人
おやすみなさい
そう言って繋いでいた手を強く握った、、、