無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第84話

5
岸side




岩橋玄樹
どしたの岸くん〜
平野紫耀
何かあったの?
神宮寺勇太
うん、急だね笑
岸優太
いや、それが、、大ありなんだよ!、、な?
永瀬廉
ヤバいっすね、
高橋海人
やばかったです
岩橋玄樹
どういうこと?
岸優太
それが、、





。。。。
平野紫耀
ええええ!!
神宮寺勇太
え、大丈夫なの?海人
高橋海人
うーん、、
岩橋玄樹
それは、やばいよ!
永瀬廉
でも、ガチ次ヤバいのじんやで。
岸優太
うん、それ。完全に狙われてる
高橋海人
うん、夜付いてもらうって言ってた
神宮寺勇太
え、今日?夜?
永瀬廉
せやで。やばいなー、、
高橋海人
じん、襲われちゃうよ
平野紫耀
やばいよ、梨花さんだっけ?
岩橋玄樹
そんな感じはしてたけど、
岸優太
結構危険かも、、
永瀬廉
誘惑に負けたらあかんで。
神宮寺勇太
、、、うん、






神宮寺side




そんな、、、


今日の夜はあなたと呑む約束してたし、さっきあなたは断ってくれたのに。。



絶対やだ。



あなた以外とヤるなんて考えられない。



ほんとにやだよ、、



あなた.......