無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第60話

21
平野side




なんか、異常ーーーなくらいあなたさんと玄樹が仲良い気がするんだよね。。



なんか、嫉妬するわー




しかもね、さっきからあなたさんから玄樹の匂いがするの。。


気のせい?かな?
平野紫耀
ねぇねぇあなたさん。なんか、、玄樹の匂いがするだけど
あなた

へっ!///




ちょっと、、カマかけてみよっかな。。



平野紫耀
ねぇ、玄樹となにしてたの?
あなた

へっ!え、えっとそれは、、、///





なんか、焦ってるし。。


まさか、、、
平野紫耀
玄樹と、なんか、えっちなことした?(小声)
あなた

!!!?
そ、それは、

これは、ヤったな。



ええー。俺が最初にやるはずだったのに。。



平野紫耀
べつに誰にも言わないけど、、ねぇ?岸くん
岸優太
ん?な、何が?
平野紫耀
え、聞いてなかったの?
岸優太
うん、え、気になる!なになに?
あなた

だだだ、大丈夫です!!!聞かないでください

岸優太
おう、、わかったけど笑
平野紫耀
岸くん、ちょっとさ、話したい事あるからあなたさんとふたりにして?




岸くん、気づくかな?


この間の事、、聞きたいんだけど
岸優太
あぁ、、いいよ
平野紫耀
ありがとう




聞こう。今日こそ、この間の事。


あなたさんからちゃんと信頼して話して欲しかったんだ。


はなして、、くれるかな。