無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5
岩橋玄樹
岩橋玄樹
はい、ここがあなたの部屋
あなた

あ、ありがとうございます。岩橋くん、、でしたっけ?

岩橋玄樹
岩橋玄樹
玄樹。まあ、とりあえず中入って。
あなた

は、はい。お、お邪魔します!

岩橋玄樹
岩橋玄樹
ふふっ。ここあなたの部屋だよ。面白いね笑
あなた

い、いや、、そんな事な、ないです。

あ、着替えるんですよね?そ、外にいて貰えますか、、?

岩橋玄樹
岩橋玄樹
何言ってるの?僕が着替えさせるんだけど、、
あなた

え、い、嫌だ。こ、怖い(小声)ぜ、絶対いや

岩橋玄樹
岩橋玄樹
やだは、通用しないから。僕執事だし、なんでもやるのが決まりなの。しかも、そんな嫌がんなくても(小声)
あなた

そ、そんな、、。わ、私男の人、、

岩橋玄樹
岩橋玄樹
男の人がどうかしたの?
あなた

、、、いえ。なんでもないです。でも、恥ずかしいし、

岩橋玄樹
岩橋玄樹
大丈夫だよ。これから1年間ずっとだし。
あ、もしかして男の人と身体の面識ない感じ?
あなた

そ、そんなこと、、!

一度だけ。あの、最悪な出来事は今でもずっと忘れられない。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
平気だよ。、変なことしないから今日は、。大丈夫!
今日は、って言った?
まぁいい。この人なら、、、
あなた

じゃ、じゃあお願いします