無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

4 裏
神宮寺side




半日あなたさんを案内して、すごく仲良くなれた気がする。、

時々見せるかわいい笑顔とか、マッサージの時の大人っぽい表情。。

すべてにドキッとしてしまう。

ちょっと上からになっててムカついたけど、ハグや、頭を撫でられて信じられないくらい温かな気持ちになった。

やっぱり年上だし、おとなだなって感じた。


ボーッと考えてていると

岩橋((あなた一緒に戻ろ!))

あなた((はい、!))


なんか、悔しい。玄樹の方が好かれてる気がして。ただ、案内してくれた人って思われてそうで。

俺はあなたさんが好きなのかな。。