無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第85話

6
あなたside


あなた

じんくん、じんくん、!

神宮寺勇太
神宮寺勇太
、、、
あなた

じんくーん!

神宮寺勇太
神宮寺勇太
あ、、ごめん!どしたの?
あなた

さっき集合あったから、、何かあったの?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
、、いや、、なんもないけど、。
あなた

言ってくれないの?いつも私はいっぱい聞いてもらってるのに、、

神宮寺勇太
神宮寺勇太
んー、、これ言ったらあなた悲しむかもしれないし。
あなた

ええ?どして?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
さっき、梨花さん?あなたの後輩の。まあなんか色々あって、今日の夜付かなきゃ行けなくなっちゃったの。
あなた

、、、

神宮寺勇太
神宮寺勇太
今日はあなた達と呑む約束してたから、絶対あなた悲しむって思って。
あなた

そ、そっか。。

神宮寺勇太
神宮寺勇太
うん、行ったら嫌だよね?




そんな、、、

結構今日のこと楽しみにしてたのに。。




でも、梨花ちゃんもせっかく来てくれてるし、、



私のわがままで止めるなんてできない。




嫌だよ。。



でも、、じんくんにめんどくさい人って思われたくない。
あなた

い、いいよ!行ってきても!紫耀くんも玄樹くんもいるし。。終わって来れたら来て?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
、、うん




なんか、じんくん返信暗かったな。。



これで良かったのかな?。。




もう今日はいっぱい飲も。





。。。。




神宮寺side




あなた、、いいんだ。


嫌だって言ってくれるって思ってた。





なんか、好きだって思ってたの俺だけだった?






自分が思ってるほどあなたは、そんなことなかった?