無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

6Part2
あなたside


ほんとによかった。。
嫌われてるわけじゃなくて。そう考えたらやっぱりここの人は、すごくいい人だな。
でも、みんなわたしより年下だから迷惑かけないようにしなきゃ。


って思ってるんだけど料理だけは出来ないんだよね、、、
早速迷惑掛けちゃうよ〜。
永瀬廉
永瀬廉
さ!何作りたい?
あなた

えぇー。どうしよう。

永瀬廉
永瀬廉
じゃあ、ビーフストロガノフとかはどう?
あなた

あ、いいですね!わたし作れるかな、、

永瀬廉
永瀬廉
あなたさん、料理できる?
あなた

す、すいません。わたし料理だけは苦手で。。
迷惑掛けちゃってごめんなさい。

永瀬廉
永瀬廉
迷惑やあらへんよ。ちゃんと教えるから頑張ろな!
あなた

はい!

永瀬廉
永瀬廉
これは、___な。これはこうして、、、
あなた

うーん。。で、出来ない。

永瀬廉
永瀬廉
じゃあ、一緒にやる?
あなた

うん。

ドキッ


腕を回してきて体が密着する。

これじゃ心臓の音が聞こえちゃう
どうしよう、失敗しちゃいそう。
永瀬廉
永瀬廉
もっとこうな。


緊張してる?
あなた

う、うん。

永瀬廉
永瀬廉
じゃあ、、
ビクッ


後ろから抱きしめられた。さっきよりも強く。
永瀬廉
永瀬廉
どう?緊張揺らいだ?
あなた

うん、ありがとう。

チュッ


い、今ほっぺにキ、キスされた?
あなた

な、永瀬さん!?

永瀬廉
永瀬廉
ごめん!つい、、、
あなた

だ、だ、大丈夫、、です、
作りますか?

永瀬廉
永瀬廉
そ、そうやね。作ろ作ろ!