無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第70話

31-1
あなたside

神宮寺勇太
あなた?起きてー
あなた

ん?

神宮寺勇太
おはよう、もう朝。こんな抱きついてそんなに俺が好き?



やばい、抱きついてたんだ、、

恥ずかしい///
神宮寺勇太
早く着替えなきゃ。、絶対怪しまれる。絶対この部屋に海人来るから
あなた

へっ?

神宮寺勇太
まぁとにかくお着替えするよ
あなた

うん、、

神宮寺勇太
て、ここ俺の部屋だから、、、これ、着て待ってて
ファサッ


ふわっと投げられたTシャツは、昨日じんくんが着てたもので。。

Tシャツから香るじんくんの匂いが嬉しくて、、
あなた

ありがと、、!

神宮寺勇太
何?そんな嬉しいの?
あなた

うん、だってじんくんの匂い好き

神宮寺勇太
ふふ。あなたかわいすぎ
あなた

かわいくないし

神宮寺勇太
かわいいの。、じゃあ、取ってくるから待ってて?
あなた

私も行こっか?

神宮寺勇太
いや、裸にTシャツ1枚で何言ってんの?襲われるからやめといて?



あ、、そうだった笑///
あなた

はーい。。

。。。。


じんくんの部屋で1人。

ベットに座ってる。


やっぱりこのTシャツいい匂い、、


やばい、Tシャツの匂い嗅いでるとか、、

変態?、、でもいい匂いなんだもん、、
神宮寺勇太
やだー、あなた変態。
あなた

え?!見てた、、?

神宮寺勇太
うん、ばっちり
あなた

え、、恥ずかしい。生きてけない

神宮寺勇太
そんなに好きなら、そんなもので良ければあげよっか?
あなた

へっ!!いいの? やったー!

神宮寺勇太
喜んでくれて何よりだけど笑


ふふっ

やった。もらっちゃった。

嬉しい
神宮寺勇太
早く着替えるよ
あなた

はーい