無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

2 Part1
神宮寺勇太
はい、ここがリビングね、!みんなで過ごせるところ。ご飯は、さっきのとこね
あなた

はい!

神宮寺勇太
で、ここがプール!!
めっちゃ気持ちの。最高だよ!
あなた

プールもあるんですか!行きたいなー!

神宮寺勇太
今度行こっか。2人で
あなた

えっ。ふ、2人で?緊張しちゃいますよ。

神宮寺勇太
だってほかの人うるさいんだもん笑
他にも理由はあるけどね(小声)
あなた

そうですよね笑
でも、楽しそうです。

神宮寺勇太
そうね笑
あ、で、ここがマッサージルーム。プールの後とか出来るんだよ。
あなた

ええ!すごい!誰がやって下さるんですか?

神宮寺勇太
おれ。資格取ってるからさ!
あなた

え、すごい!やって欲しい〜

神宮寺勇太
いいよ。今からやる?
あなた

いいんですか!?でも、ほぼ裸同然のカッコになるってことか。。(小声)

神宮寺勇太
じゃあ、準備して来るから、あそこにある着替え室で用意置いてあるから着替えてきて!
あなた

は、はい。本当に大丈夫ですか?

神宮寺勇太
うん、全然。あ、俺が着替えさせた方がいい感じ?
あなた

だ、大丈夫です。着替えてきます。

あ、危ない。また、お着替え一緒になるとこだった。今部屋着だし、すぐ着替えられるよね。。
あなた

う、うそ。ほんとに全部脱いでバスローブだけなんだ。

自分から言ったのに今からなしって言うのは無理だよね。。

うん、無理だね。

しょうがない。でも、ここの人たちみんないいひとだから平気だよね。。
あなた

お、終わりました

神宮寺勇太
あ、はーい。そこの台にうつ伏せになって待ってて。
あなた

ふー。緊張する。。。。

神宮寺勇太
おまた、、、せ。じゃ、じゃあ、はじめよっか。
あなた

どうしたんですか?神宮寺さん。どうかされましたか?

神宮寺勇太
なんでもない。じゃあ、やるね。
そう言ってバスローブをゆっくり脱がせて、上からバスタオルをかけられた。
首辺りにオイルが付けられる
あなた

わ、気持ちいい!上手なんですね!

神宮寺勇太
ほんと?嬉しい。滅多に人にやらないからそう言って貰えてすごくありがたいよ。