無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

9
あなたside


頭痛いの酷くなって来たかも。薬、、、///

言わないでおこ。

廉くんの部屋到着。。。



ふーー。緊張して入れない。

てか、なんで来たんだっけ?

あ、そうだよ。玄樹がいじわるしてくるからだ。
よし、いざ入室。。
永瀬廉
スースー
寝てる。
かわいく見える。いつもが大人っぽいから子供見たい。


脅かしたらどういう反応するかな?

あなた

廉くんー!廉くんーー!!

永瀬廉
うわー!な、なんや?ゆ、夢?あかん。これは夢か?
あなた

夢じゃないですよ笑

永瀬廉
おおー!あなたさん。なんでいるん?
あなた

玄樹くんにいじめられた。

永瀬廉
え、そうなん?大丈夫か?
あなた

うん、いい子いい子して?そしたら治る。。

永瀬廉
ええけど、、///
やばい、廉くん照れててかわいい。

朝から廉くんに頭なでなでしてもらえるとか。。幸せだなぁ。

永瀬廉
それより、寝込み襲うなんてどこで覚えたんや?
あなた

ギクッ!!

お、襲ってはないですよ、、?

永瀬廉
いけない子やなぁ。みんなに言っちゃうで?
あなた

だ、ダメ!

永瀬廉
じゃあ、俺の言うこと聞いてな?
あなた

コクッ

永瀬廉
ギュッ〜して?
あなた

ギュッ〜?廉くん好きだね

永瀬廉
おん、好きや!あなたにギューッとされるん
あなた

え、、///
ありがとうございます。

ストレートすぎる。

でもたしかに、ここに来て明らかに男の人が苦手って言う意識薄れていってる。


てか、、欲深くなってる?

ダメ!そんなの。



って思ってるうちに廉くんが抱きついて来た。

あなた

廉くんから来たね

永瀬廉
うん、なんか考え事してたから。

って、あなた体熱いよ?やっぱ熱上がってるんやて。薬は?飲んだんか?
あなた

ギクッ


の、飲んでない、です。

永瀬廉
もう、ダメやな。。玄樹に今連絡しとくから。

飲ましてもらい?俺、玄樹の部屋まで運ぶから
あなた

え、えんな。。悪いです。。

永瀬廉
ええから行くで?

ヨイショ
うわ、お姫様抱っこ。

廉くん細いのに。。

申し訳ない。
永瀬廉
はい、着いたで。玄樹〜
岩橋玄樹
はーい、もうあなた。廉にまで迷惑かけて
あなた

ご、ごめん。玄樹、、

永瀬廉
いつの間に玄樹呼びになっとる!
岩橋玄樹
ふふっ。いいでしょ
永瀬廉
ええなー、ずるいわ
岩橋玄樹
それより、あなた大丈夫?おいで?
永瀬廉
じゃあ、後よろしくな
岩橋玄樹
はーい



ガチャ



。。。。
岩橋玄樹
あなた?大丈夫?
あなた

う、うん。玄樹、、が優しくなってる。

岩橋玄樹
それより、なんで具合悪いの早く言わなかったの?
あなた

だ、だって、薬、、

岩橋玄樹
そんなに薬いや?

昨日と同じやり方で飲む?
あなた

恥ずかしい

岩橋玄樹
もう、今更そんな事言わない。
あなた

はい、、

岩橋玄樹
じゃあ、薬持ってくるからソファで横になっててね?
あなた

うん、、

岩橋玄樹
よし、持って来たよ?じゃあ、行くよ?
やっぱ。。

やだ。、薬。。にがい。



んッ!!

少し口閉じ気味にしてたら玄樹に舌で開けられて。。
ディープキスみたいになってる。

んッ、、やばい
あなた

んッ、や、げ、げん、、き、んッ

岩橋玄樹
よし、おっけー。
あなた

お、おっけーじゃないよぉ。

岩橋玄樹
だって口閉じるから。あなたが。
飲めないでしょ?それじゃ
あなた

うん。。

岩橋玄樹
これから薬飲む時、飲ませる係僕がやるわ
あなた

ぜったい楽しんでるでしょ?

岩橋玄樹
ううん。あなたのためだもん
あなた

もー、そういう事ばっかり言うー



もう、玄樹、、嫌い。。でも好き。

ほんとにわからない。


でも、心は、確実に開いたと思う。
信頼できる。


そういう人がたくさんふえていけばいいな。