無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

8Part1
あなたside

永瀬廉
永瀬廉
じゃ、あなた行こか。
あなた

うん、

永瀬廉
永瀬廉
じゃあ、さっきじんと一緒に回ったから分かるかもだけどここお風呂ね。結構広いけど、滑るから走ったらあかんで?
あなた

わかってますよ、もぉー。子どもじゃないんですから。

永瀬廉
永瀬廉
ほんとか?笑
まぁ、ええけど。じゃあ、脱いできて?
さすがに、全部は脱がせられないからさ。
あなた

わ、わかりました。

。。。
永瀬廉
永瀬廉
ええか?もう
あなた

はい、、これってずっと廉くん一緒なの?

永瀬廉
永瀬廉
いや、ちゃうで。温泉に使ってる間は、大事なお嬢様が溺れたら困るから横に居るって言うのが決まりやけど
あなた

だ、大事な、、//
そ、そうなんですね、、

永瀬廉
永瀬廉
なんや、?身体とか洗って欲しい?
まぁ、いずれはそれもやるけど。ここに慣れてきたらやな。
あなた

大丈夫です、、笑

永瀬廉
永瀬廉
じゃあ、身体洗っておいで?俺、着替えとか準備しとくから。
あなた

わ、わかりました

バスタオルを取って中に入る。

きれー!






はぁー。



今日は、1日疲れたなぁ。でも、じんくんとも廉くんともたくさん話せてよかった。



お湯浸かってる間ずっと廉くんと一緒なのか。。

絶対緊張しちゃう。


。。。
あなた

廉くーん。もう大丈夫です、、入っても、

永瀬廉
永瀬廉
おお。入るで
///



廉くんがパーカーと下が水着みたいなのに着替えてる。

少し腕まくりしてて細いのにしっかり筋肉ついてて、、かっこいい。


あなた

は、はい、、、

永瀬廉
永瀬廉
何ジロジロ見てるん笑
あなた

い、いえ//



てっきりこっちずっと見て座ると思ってたけどちゃんと後ろ向きで座ってくれてる。

そういう所に、気遣いを感じる。
永瀬廉
永瀬廉
なぁー
あなた

なんですか?

永瀬廉
永瀬廉
会社ってどんなとこだった?
あなた

え、、
そ、そうですね。。旅行会社だったんですけど、海外系のが結構強かったですね。

永瀬廉
永瀬廉
ふーん。どんな人がおったん?
あなた

男性の方が多かったですね。
でも、、あんまりいい思い出は無いですね。

永瀬廉
永瀬廉
そうなん?仲良かった人とか、、
あなた

あ、ここに来る少し前に後輩が2人いたんですけど男の子の方は、すごくなついてと言ったらなんですがたくさんお話してくれたりして良い子でした。

女の子の方は、私の事あまり好きじゃなかったっぽいんですけど

永瀬廉
永瀬廉
その男ってイケメンなん?
あなた

あまり考えて見たことがなかったけど、かっこよかったと思うよ、、

永瀬廉
永瀬廉
ふぅーん。。
あなた

もぉー。自分から聞いたのにその反応なんですかー。

永瀬廉
永瀬廉
だって、嫌なんやもん。
あなた

な、なんで、ですか?

永瀬廉
永瀬廉
なんでもや!もうええわ。出る?
あなた

そうですね。あっついです。のぼせそう

永瀬廉
永瀬廉
バスタオル取って来るから動かんでな。
あなた

はい。

。。。
永瀬廉
永瀬廉
ほい、どうぞ。
あなた

ありがとうございます。

永瀬廉
永瀬廉
いいえ。
身体巻いたら俺についてきて
あなた

はい、、、

。。。
あなた

あ、おっけーです!

永瀬廉
永瀬廉
はい、じゃあ、ここで下着ここに置いてあるからそれとバスローブ着たら呼んでや。
あなた

わかりました