無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第102話

21

あなたside






やばい、、寝てた。





迷惑かけたな、、
平野紫耀
あ、あなた?起きた、、?
あなた

うん、、運んでくれてありがとう〜

平野紫耀
大丈夫、それより暑くないこの部屋?
あなた

うん、大丈夫だよ。ごめん、、

平野紫耀
ご飯食べる?
あなた

うん、、そうだね!お腹すいちゃった!

平野紫耀
と思って、、もうあるんだなー
あなた

おおー!

平野紫耀
じんと、廉が心配して雑炊作ってくれたから食べな〜




神宮寺さんと廉くんか、、



嬉しいな〜
あなた

いただきます!

平野紫耀
食べさせてあげる〜
あなた

えっ、、は、恥ずかしい

平野紫耀
いいから、、あーん
あなた

パクッ 美味しい〜

平野紫耀
顔真っ赤だしね笑
あなた

もうやだ、自分で食べます。。

平野紫耀
うそ、、ほら、あーんして?
あなた

えー、

平野紫耀
俺がやりたいの。早くあーん





わかっててやる所がずるいな、、




。。。
あなた

紫耀くんは、食べないの?

平野紫耀
うん、、お仕事中だし、、
あなた

食べる?

平野紫耀
いいの?あーんして、、?
あなた

なんでよ、、わかったけど。あーん

平野紫耀
んーー!美味しい〜。照れてるあなたもかわいいし。
あなた

紫耀くん嫌い、、

平野紫耀
え、、そんな〜。。




。。。。
平野紫耀
どうする?映画でも見る?
あなた

うーん、、、どうしよー

平野紫耀
あ、マッサージはできないよ?じんの専門だし。。
あなた

マッサージ、、?

平野紫耀
そうそう!じん得意だから
あなた

そうなんだ、、





聞けば聞くほど、、、




魅力的な人でいい人なんだろうな、、って思うなー。
あなた

映画みたい!

平野紫耀
じゃあ、見よっか。部屋でも見れるし、映画鑑賞室もあるけどどっちがいい?
あなた

鑑賞室行ってみたい〜!

平野紫耀
行こいこー!




。。。。




わっ、、、
あなた

ほんとに映画館だ、、

平野紫耀
でしょ?〇〇〇様は告らせたいとか流行ってるけど観る?
あなた

みたい!





in映画館




『その横顔から目が離せない、、、』









平野紫耀
、、あなた?



ポンポン
あなた

ん?

平野紫耀
なんか、なでなでしたくなった笑
あなた

ふふっ///





こんなにかっこよかったっけ?





かっこいいな。。





。。。。




NEXT→