無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

8Part2
あなたside
あなた

着れました。

永瀬廉
おっけー。じゃあ、1回部屋戻るで。
。。。

永瀬廉
じゃあ、ここ座って?
あなた

ここって、、、

床に座ってる廉くんの目の前に座れ、、と?

恥ずかしすぎる
永瀬廉
はよして?
あなた

はい、、、

タオルで髪を拭いてくれるんだ。


落ち着くな〜。
永瀬廉
ドライヤーやるから熱かったりしたら言ってな?
あなた

はい。

乾かすの上手だなぁ。

眠くなってきた。。




。。。
永瀬廉
あなた終わったで。あなた、おーい、あなたー
あなた

んんんー。ご、ごめんなさい!寄りかかって寝ちゃってましたか?すいません。重かったですよね。

永瀬廉
全然やで〜笑
あ、寝言はなんか言ってたけど、、、
あなた

へっ!!う、嘘。なんて、、?

永瀬廉
慌てすぎやて。うーん。秘密にしとこっかな。
あなた

えぇー。

永瀬廉
はい、じゃあパジャマ着るよ。
あなた

ってことは、廉くんに着替えさせてもらうってこと?

永瀬廉
せやでー。あかんのか?
あなた

だ、ダメってわけじゃないんですけど、、、

永瀬廉
じゃええな。こっち向いて?ほら、はよ。
あなた

う、うん。

バスローブを解かれた。、、


はやく。。
永瀬廉
意外と胸あるんやな。
あなた

ちょ、ちょっと、、///
そんなこと言ってないで早く着せて下さい〜

永瀬廉
わかったって。そんな怒らんで?










。。。





永瀬廉
はい。終わったで
あなた

あ、ありがとうございます。

永瀬廉
じゃあ、寝るか
さりげなく手を掴まれベッドに連れてかれる



永瀬廉
あ、せや。これ
スマホ?のようなものを渡された
永瀬廉
これは俺らと連絡出来るやつだからなんかあったらよんで。

もうみんなからメッセージ来てるかも。
あなた

はい、、ありがとうございます

永瀬廉
じゃあ、おやすみ〜。ゆっくりねてな?
あなた

はい。おやすみなさい

あ、行っちゃった。、
海人くんは寝るまで一緒だったのにな。。。

ちょっと悲しい。。

メッセージ来てるのかなあ





紫耀
((やっほーい!これってあなたさんのでいいんだよね?うん?いいのか?まあ、いっか!元気ですか?平野は元気です。おやすみなさい!))


海人
((あなたちゃん!ちゃんと寝れてる?廉と変なことしちゃダメだよ!おやすみ〜))


玄樹
((あなたご飯美味しかったよ。ありがとうね。寂しくないかな?今日はあんま喋れなかったから明日いっぱい喋ろうね!おやすみ))


岸くん

((どうもっす!どんな感じっすか?いい感じだといいっすね!明日ちゃんと起きるんだぞ!おやすみ〜!))


じんくん
((あなた寝れてる?今日やったマッサージいつでもやるから疲れてたら俺の部屋隣りだからおいで?今日来てくれてもいいよ。笑 おやすみなさい))



皆さんすごく優しくて面白い。返信しなきゃ。





紫耀くんへ
((いいんですよ!合ってます!私も元気です。おやすみなさい))


海人くんへ
((寝れそうです。でも、海人くんがそばで手握ってくれた時の方が落ち着いて寝れました。また今度、やって下さい))


玄樹くん
((いえいえ、こちらこそです。少し寂しいですかね笑 はい、いっぱい喋りましょう))


岸くんへ
((メッセージまで面白いですね。ちゃんと起きます。おやすみなさい))

じんくんへ
((今から部屋行こっかな。なんて、、、ダメですかね?))





Part3に続く