無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

大丈夫だった?!
でたー。ぶりっ子先輩。。。
こーゆー人一番嫌い!
男子1
大丈夫か!何があった?!
男子2
なになに?!
そして絶対そばにいる男子!

ありがちだな。。。
女子1
(ぶりっ子
この子がいきなり殴ってきたのぉ!
あたしのゆきとくんだから関わるなってぇ!
男子2
なんだって?!
男子1
おい!それホントかよ!
あなた

(あーあ。だるすぎ。なんて茶番に巻き込まれてんだか。。。

女子1
ねぇ!この子をぉボッコボッコにしてぇ?
男子2
いいぜ?
男子1
お前は離れてな。先に教室戻ってろ
女子1
うん!ありがとう♡!
はい!きもいー。

なんでこんなことになってんの?!すべてはあいつのせいだ!
男子2
おい!あいつのこと殴ったんだってな。
男子1
覚悟しろ!
ゲシッ!(お腹に蹴りを入れた
あなた

いっ!
(あー痛いなぁ。ここって声上げとくべきだよね。

男子2
はははっ。これだけだぞ?まだ。
次行くぞ?
(拳が飛んできた
あなた

(パシ!
これで自己防衛が使えますね。

男子1
あ?何いってんだてめ
あなた

(ひょい
男子を張り倒した

男子2
いっ!
あなた

(腕を掴んだまま
誰が先に殴りかかってきたんでしたっけ?

男子1
てめぇ!
(襲いかかる
あなた

(ひょい。足で引っ掛ける
先輩?!まだまだですよ?
(地面目掛けて、倒す

男子1
たっ!
わっ悪かった!だから!許せ
男子2
悪かったから!ほんとに
あなた

じゃあさっきの人が言ってたことどう思いましたか?
あたしが殴ったって言ってたの。
あたしが今、お二人を殴る行為はしましたか?
あたしはあなた達にきずをつけられなくないですが、傷をつくりたいわけではないんです。

男子1
あぁ!お前は何もやってないってのが分かったから。
じゃじゃあな!
なにそれ。弱いっての。。。

ほんとに最近機嫌悪くなることありすぎたよ。

フードを深く被り直して教室に戻る





教室に戻った。。。
このは
このは
大丈夫だった?!
さつき
さつき
なんかされたんじゃないのか?!
あなた

あー。うん。腹パン受けちゃった笑笑。

このは
このは
大丈夫なの?!
あなた

へーきへーき。
それより音声ちゃんと取れてる?

さつき
さつき
バッチリ!
あなた

証拠はできたよね。
何がなんでもこれだけは勝つから。

さつき
さつき
だな!







投稿遅くなりましたー!
テストもあり、いろいろとバタバタしてたので続きが出来ませんでした。
またちょこちょこ出していきます!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あやか
あやか
すずしょうと 米津玄師 フィッシャーズ 大好きです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る