プリ小説

第12話

それやばくない?
お昼休み。。。

いつものように、このはとさつきと一緒にご飯を食べる。
さつき
さつき
え?話をすることになった?!
このは
このは
え?話をすることになった?!
あなた

シー!声が大きいよ

さつき
さつき
それ、やばくない?
このは
このは
バレてるんだとしたら大変だよ!
なんとか誤魔化すしかないんじゃない?
あなた

もう、やだ。
ほんとに...。せっかくフードが取れたと思ったのに逆戻りだよ…。

さつき
さつき
顔がバレるとかではなくで隠してるもんな。
わかったわかった(なでなで
このは
このは
ある意味顔がバレないためだよ。。。
女子の目が怖すぎるもんね。
あなた

うん...。外で話しかけられた時もそうだった。
ほんとにあたしは嫌なの!

女子1
ね!このクラスにあなたって子いる?
ザワザワ
あなた

あっ。わっ私ですけど...。なにか

女子1
何この子(小声
女子1
まぁいいわ!ちょっと来て!お話があるの
あなた

分かりました。

あたしはこのはに目を合わせた。

うん!





体育館裏にて
女子1
あのさぁ。ゆきとくんと関わるのやめてくんない?
あなた

はい。関わらないので戻っていいですか?

女子1
は?ダメに決まってんじゃん
女子1
あんたがいると、私がゆきとくんと話せないわけ!分かる?
あなた

じゃあ学校に来るなと言ってるんですか?

女子1
え?そんなこと言ってないでしょ?
(ドン!ゆきとくんの前から消えて?
あなた

あたしはあの人の視界に入りたくて入ってはいません。席が今だけ隣なだけです。
あたしとあの人はそれだけです。

女子1
ふーん。あっそ。
痛い!!この子のがいきなり殴ってきた!!
あなた

?!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

182
182
すずしょうと 米津玄師 フィッシャーズ 大好きです。高一 16 まだまだ未熟ですが、頑張って小説書きます!