無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

実は夢だった
霧河は泣いた。





そして・・・・・・





〝ガバッ〟





ここは、談話室のソファーだ。





(うっ。何だ夢か~)





夢から覚め、とても寂しい気持ちになった。だがそこで、

「父さん、母さん、ありがとう」と夢の中とはいえ、

自分の成長ぶりを誉めてくれた両親にお礼を言った。





そこで、この前、霧河とサンタクロースの話をした女性社員が

お茶を持って歩いてきた。





「あ!霧河君!!気がついた!?」

「うん」

「良かった~!!霧河君、寝ながら泣いてたから、私、とっても

心配しちゃったわよ!!」

「え?僕、泣いてたの!?」

「うん」

「そうか~」

「あのね、霧河君、クリスマスは、ハメを外してパ~ッ!と

遊びたくなる気持ちも分かるけど、自分の身体や睡眠も大事に」してよね!!」

「う、うん。分かったよ」





(夢の中で母さんが言ってた事は、本当にその通りだった。

俺は、あの時からずっと孤独だと思ってたけど、ただの思い込み

だった!!俺はもう、とっくに一人なんかじゃなく

なってたんだ!!!さっきの同僚もちゃんと声かけてくれたし、

この娘も、そして、

クリスマスの日、ドジを踏んで姿を見られちゃった子供達も皆、

喜んでくれてた!!)





そこで思わず、また泣いてしまった。





「ん?霧河君、どうしたの!?また泣いてるじゃない!?」

霧河は涙を拭き、

「いや、何でもないよ。目にゴミが入っちゃっただけ(笑)。

ありがとうね」と言った。

「全然全然。良いわよ。どうって事ないわよ。じゃ、私、そろそろ仕事に戻るから!!霧河君も、そのお茶飲んだら、

仕事に戻ってね。もし、今日、もう仕事をする余裕がないなら、

帰っても良いし」と言って、彼女はその場を去ろうとする。





だが、霧河はもう一度、彼女を呼んだ。





「あ、あのさ、もう一つ、お礼を言いたいんだけど・・・」

「何?」

「僕なんかの事、この部屋まで運んでくれて、心配までしてくれてありがとうね!!!」

「え?何言ってんの?仕事の仲間を心配するのは当たり前でしょ?それと、自分の事、〝なんか〟なんて言うの良くないわよ?」

「でも、嬉しかったんだ!!」

「そう?じゃあ!!」

「あの娘、本当に良い娘だな!!!さっき心配してくれたヤツらもそうだけど」





その後、霧河は、しっかり仕事を頑張った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る