無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第62話

そして、表彰!!!
そこで、霧河の「サンタクロースパイ」としての今までの活躍や

無罪判決は、大きなニュースになり、テレビの報道番組や新聞などでも、あっちこっちで大きく取り上げられた。





そして、

彼の功績は、とても誉めたたえられ、公式に認められ、

表彰される事となった。時間が流れ、数か月後の授賞式にて・・・・・・





「おめでとうございます。あなたは、サンタクロースとして、

子供達に様々なプレゼントのみならず、夢や希望を与えた事を、

ここに賞します」と言って、賞状が授与された。





霧河は、それを受け取り、同時に、

表彰式に出席していた、たくさんの人達が

拍手し、とても大きな歓声が上がる。





〝パチパチパチパチ〟





「ワ~ッ!!おめでと~~~う!!!」と。





霧河は、拍手してくれた人達がいる方向に

振り向き、とても嬉しそうに笑顔で手を振り、

「ありがと~~~う!!!」と言った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る