無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ある少年の、素晴らしいプレゼント
―ここで突然だが、情景が変わる―





季節は、今と同じ〝冬〟。





12月に入ったばかりの頃だった。





名札に名前が書いてあるが、

「網田謎留あみだなぞる」という名前の小学生の男の子が自分の両親に

「ねぇねぇ!今年のクリスマスは

サンタさんからギター(アコギ)を

もらいたい!」と言っている。





それに対し、

母親が「ギター?ずいぶんとぜいたくなモノが欲しいのね」と言う。





謎留は、

「だって、僕、小学校の音楽の授業で吹く

〝リコーダー〟は全然吹けないし、それだったら、何か別の楽器が出来るようになりたいし、テレビとかでギターを弾いてる人見てたら凄くカッコ良いもん!!」と言う。





隣の父親は、「そっか。もらえると良いな!!」と言った。





それから時間が経ち、クリスマスイヴの夜、「ギター、もらえると良いな!!」と思いながら謎留は眠りについた。





翌朝、

目が覚め、起き上がってみると、ギターケースがあった。開けてみると、

なんと、本当にギターが入っていたのだ!!





「わ~!やった~!!」謎留は大声を上げて興奮する。





「お父さんお母さん~!見てみて~!サンタさん、本当にギターくれたよ!!」と母親に言った。





「良かったわね!!」と

母親は微笑みながら言った。





父親も微笑み、

「良かったな!上手くなるように、しっかり

頑張るんだぞ!!」と言った。





謎留は

「うん!!」と嬉しそうに頷いた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る