無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

〝特撮〟について
霧河は男の子に聞いた。





「君はいつから何をきっかけに特撮を好きになったの?」

「特撮・・・?何それ?」

「あ~、特撮っていうのは、今言った、戦隊ヒーローとかもそうなんだけど、特殊撮影、つまり、色々と工夫して撮影して、実際にはありえない事を本当にやっているように見せてる映像の事だよ」

「へ~!そうなんだ~!!色々工夫して作ってるなんて凄いな~!!でも、〝グロリアスライダー〟とか凄くカッコ良いもんな~!!

俺は、テレビのチャンネルを変えてたまたまやってるとこ

観てみたら面白くて、それからずっと好きだよ!!」





「そうか。〝グロリアスライダー〟・・・か。懐かしいな~」

「え?兄ちゃん、〝グロリアスライダー〟知ってんの?」

「あぁ!!もちろんさ!!!かなり昔からある超長寿シリーズだもん!!俺も、子供の頃はめっちゃハマったよ!!!」

「そっか~!!それに、今じゃいっぱいシリーズ出てるからな~!!すげぇよな~!!」

「あぁ!そうだよな!!あのバッサバッサ敵を斬ったり

殴り倒すところ、毎週、観ててめっちゃワクワクしてたよ!!

カッケーったらありゃしねぇ!!!男のロマンさ!!!」





「ところで兄ちゃんはさ、初代のヤツだったら、どのシーンが

一番好きだった?」

「ん~、最終回の、主人公が〝正義が勝つのは正しいからじゃない。守りたい人達のために誰よりも必死だからだ!!〟って

言うシーンかな?」

「あ~!分かる!!マジカッコ良い台詞だった!!!」

「だろ?!惚れるよな!!シビれるよな!!

てか、その年で初代まで観ただなんて、君はモノ好きだな!!!」

「うん!!まぁね!!俺、〝グロリアスライダー〟

めっちゃ好きだから、DVDとかでも観たんだよ!!!」

「へ~!!良い趣味してんな!!!」

「へっへへ~ん!!!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る