無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

〝年明けパーティ〟の案内
―ここでまた、現在の〝喫茶窓際族〟に情景は戻る―





霧河が店長・窓河に「へ~!そうだったんですね!!

とっても良いお話ですね!!」と言った。

「そうか?(笑)」

「はい!!」





「〝窓河さん〟なんですね。何か、僕と苗字が似てますね」

「そうなの?お客さんは、なんて名前なんだい?」

「〝霧河竜令きりかわりゅうれい〟です」

「へ~!!確かに、苗字の方は俺と似てるな~!!」

「はい(笑)。何か親近感沸きます(笑)」

「苗字が似てるってだけでか?(笑)」

「いや、それだけじゃなくて、店長さん、いや、

窓河さんと僕が少し似ていると思って」

「そうか?どんなところが?」

「〝一人ぼっちだった〟ってところです」

「へ~。お客さん、いや、霧河さんも、一人ぼっちだったの?」

「はい。というより、今も、一人でいる事は多いし、

相変わらず一人が好きです」





「そうか~。そういや、さっき、〝幼い頃に両親を亡くした〟って言ってたな」

「はい。正直言うと、あの時から僕は、ずっと一人だと

思ってました。けど、最近、会社で突然、

倒れちゃって、その時、夢の中に両親が出てきて、

母が〝心配してくれる良い友達が出来た〟って言ってくれて、

目が覚めたら、お茶を持ってきてくれた仕事仲間に

〝自分の身体を大事にして〟って言ってもらえて、

〝僕はもう孤独じゃない〟って思ったんです」

「そうか」





「はい。何か夢を見る時は、〝これでもか〟ってぐらい、

両親が出てくる事が多いんです」

「そっか。それはきっと、霧河さんにとってそれぐらい、

〝思い入れのある大事な両親だった〟って事じゃないのかい?」

「そうなんでしょうかね?」

「ああ。そうに違いないさ!」





「確かにそうかもしれませんね。そういえば、それと、クリスマスだった昨日、帰った後、家族との思い出のアルバムを見て、

その後、両親から最後にもらったクリスマスプレゼントのギターで作った両親への感謝の気持ちを綴った曲を弾いたんです」

「へ~。凄いね!でも、そこまでするって事は、やっぱり絶対、

その両親が大好きなんだよ!!!」

「そうですね!!!」





「うん!!!てか、お客さん、ギター弾けるの?じゃあ、今度、元日に〝年明けパーティ〟ってのをやるんだけど、大事なモノなのに

悪いけど、もし、その日、仕事が休みなら、そのアコースティックギター、ウチで弾いてくれねぇか?エレキギターはさすがに

使える環境じゃないけど」

「え?はい。僕は良いですけど・・・」

「そうか!!!休みなんだな!!!ありがとな!!!」

「いえいえ。でも、個人経営のお店なのに、元日も開店するんですか?あと喫茶店で大きな音を出して大丈夫ですか?」

「うん。まぁ、元日にどっかに遊びに行って、ウチに寄る人も

多いんでね。それに、毎年、〝年明けパーティ〟をする時は、

〝今日はパーティなので、ライブをします。その音が苦手な人は、テイクアウトするか、また後日お越しください〟って看板を

店の前の看板の横に置くし、ウチの店の壁、映画館の壁みてぇに

大きな音も良く吸収するようになってるから、

あんま近所迷惑の事、考えなくて良いし」

「そうなんですね(笑)」





「ああ、掃除や手入れも、いつもしっかりやってるし、

小さな店で、別にゴージャスでも何でもねぇけど、さっき話した

ように、俺は、昔からギャンブル好きだけど、あの話のあと、

色々競馬の事とか勉強して、それが自分でも驚くくらい良く当たるようになったからな。定期的に工事してるから、

防音加工と頑丈さだけはあるぜ!!!」

「へ~!!!それは凄いですね!!!」

「だろ~?!」

「はい!!!〝年明けパーティ〟、とても楽しみです!!!」

「おう!!!サンキューな!!!」





その後、霧河はお勘定し、

「ごちそうさま」と言って、店を出ようとした。





だが・・・・・・





「あ~、そういえば、聞き忘れてたんですけど、このお店、

窓河さんが継ぐ前は、一体、なんてお名前だったんですか?」

「あ、あ~・・・そういや、それは、俺も覚えてねぇや(笑)。

ずっと昔の事だし、年のせいもある。悪いな」

「そうですか」





〝バタン〟

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

COLK
COLK
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る